スポンサーリンク




本当の意味を教えてやってくれ、「思考停止が悪だ!」と罵るあいつらに

思考停止の意味

※この記事は2019年12月に更新されました。

この記事は・・・

  • 「そもそも思考停止ってどんな状態なの?」
  • 「思考停止って、悪いの?悪なの?

といった疑問を抱える方に向けて書いた記事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




思考停止ってどんな状態?

では、「思考停止」がどの様な状態なのか、まずその意味を確認しておきましょう。

辞書上の定義は次の通りです。

自分自身物事について考え判断することをやめてしまうことを意味する語

(引用:weblio辞書より)

この定義に異論のある方はそういないと思うのですが、僕としては少し違和感がありました。それが、「やめてしまう」という部分です。

というのも、「やめてしまう」というと、かなり「意識的な判断」がそこにはある様な印象を受けます。

ですが、現実的に「思考停止に気づいてない」ことありますよね?

故にその場合だと、「やめる」というニュアンスそぐわない気がします。

ということは、この「やめてしまう」というのは、「無意識的にやめてしまう場合」が含まれるのか否かどちらかなのでしょうか?

思考停止とは

結論は、「わからない」です。

そこで、「思考」と「停止」に言葉を分解して考えることにしましょう。

まずは、「思考」から

 考えること。経験や知識をもとにあれこれと頭を働かせること。

(引用:デジタル大泉辞の解説より)

続いて「停止」

動いていたものがとまること。また、とめること

(引用:大辞林第三版の解説)

と、それぞれこの様に定義されていますが、気づいたことがあります。

「思考」は「頭を働かせる」という言葉から、「意識的な営み」であることが伺えます。

一方、「停止」については、「とまること」、「とめること」とあります。つまり、「とまること」は「無意識」によりなされ、「とめること」は「意識」によりなされると考えられます。

したがって、「思考」は意識的になされますが、「停止」することは意識的・無意識的の2経路があるということになりますね。

つまり、先ほど考えたパターンのどちらでもなく、「思考停止」とは、思考(意識的な活動)が意識的にせよ、無意識的にせよ停止してしまう「プロセス」に焦点を当てた言葉だと言えます。

思考停止はプロセス

思考停止は悪いことなのか?

そこで、次なる疑問がこれですね。

一般的に「思考停止」という言葉には悪いイメージを持っている方が多い様な気がしますが、本当にそうなのでしょうか?

結論は、ケースバイケと言えますが、大前提として、それは他人により判別できることではありません。

なぜか?

思考という営みが、「個人の内面に焦点化」された言葉だからです。

ということは、個人の内面的な事象について、「他人が良いか悪いか」を決定することなど不可能なわけです。

したがって、もしそこに「善悪」があるとすれば、それは「本人にとっての善悪」ということになるはずですね。

思考停止が良い場合・悪い場合

では、本人にとって良い場合・悪い場合とはどんな場合でしょうか?

思考停止が「良い」と考えられる場合

先に「良い場合」について考えてみたいと思います。

一般的に、「思考停止は悪」みたいな先入観がありますが、僕はそうは思いません。

なぜなら、常に、頭を動かし続けるとしたら疲弊しますよね?

だから、僕たち人間は、「自分にとって重要なこと」に思考を向けておけばいいのです。

ということは、「これは自分にとって、重要ではない」という判断を下し、「意識的に思考停止」させているのなら、それは「良い思考停止」ということになりますよね?

人の思考リソースは限りがあるのですから、「自分にとって重要なことに意識を注ぎ、そうでない所ではその使用を控える」至極真っ当な意見ではないでしょうか?

思考停止が悪い場合

逆に、「悪い場合」とはどんな場合でしょうか?

これは、「無意識的に思考停止している」場合が挙げられます。

なぜなら、それによって、目的が成し遂げられないことがあるからです。

そもそも、僕ら人間は、何かしらの目的を達成するために「思考」します。

ということは逆説的に、それが達成できるのであれば、別に思考停止していても問題ないと言えます。

なので、目的主義に沿って考えるなら、思考せずにその目的が達成できなかったとすれば、それは自分にとって「悪い」と言わざるを得ません。

そうすると、「意識的な思考停止でも悪い場合があるのでは?」と思う方がいるかもしれません。

ですが、断言しておきましょう。

「違います。」

それは、定点的に見れば、同じかもしれませんが、「長期的に判断を下す材料になりうる」という点で「良い」ことだと言えます。

しかしながら、「無意識的な思考停止」はそうではないのです。

なぜなら、「無意識」ということは、そのことに「気づいてすらいない」からです。

思考停止が無意識的な場合、往往にして、

「どうしたらいいかわからない」

「何も思い浮かばない」

「めんどくさい」

「・・・・(ぼーっとしてる)」

様な場合が多いです。

これは、その様な「思い」に「意識がとらわれた状態」であり、「思考」という営みからは遠のいた状態だと言えます。

したがって、「無意識的な思考停止」は「悪い」と僕は考えています。

以上、いかがでしたでしょうか。

SNSでも社会を生き抜くために役立つ情報を発信しています。

気になった方は、↓↓ぜひフォローをお願いします。

Anchor(音声配信):http://anchor.fm/ryo38

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

関連記事



AMP用の関連コンテンツ