スポンサーリンク
スポンサーリンク




コミュ症の僕が考察 〜意図とは何か、4つの再定義〜

【更新3/20(金)】「”意図”とは何ですか?」と問われ、あなたは上手く答えられますか?そのためには、言葉を定義や例文、その類語などに分解し正しく理解する必要があります。意図とは、目的を達成するために存在し、目的をどのように達成するかを考える事柄のことを言います。”相手の意図を見抜く”という例文を取り上げて考えると、意図を見抜くためには、相手の最終ゴール、すなわち”目的”も見据える必要があるからです。

コミュニケーションにおける目標設定の例

コミュニケーションスキルや社交術の目標設定方法と、管理方法について記事にしました。コミュニケーションスキルを目標設定するとなると複雑に感じてしまうかもしれませんが、工夫次第で管理することも可能です。僕が使っている管理シートもダウンロードできる様にしたので、参考までに活用ください。

心理士が教える〜”気持ちや意図を汲み取る”ことの意味とノウハウ〜

意図を読み取る”とは、『ある対象から自然と頭に浮かぶ感情やイメージを認知する』ことだと言える。”意図を読み取る”と聞くと、意識ごと”相手”に引っ張られてしまうが、実は、対象を感じつつも意識は自分にある状態なのだ。そして、その状態こそ、”例外である”ため入り口でもあるのだと思う。

洞察力を鍛える方法

洞察することの意義を体感してもらえたと思うが、ここからは、”人との関わりで洞察をすることの意義”について触れておきます。それが洞察力を鍛えるために日常的に行えるトレーニングでもあるからです。

感情を読み取る力を考えてみたい

具体的にどうするかと言うと、”体験”を話してもらう工夫が必要となる。なぜなら、その体験と結びついている感情を探りたいからだ。この時の注意は、言語情報と非言語情報で感情を切り分けること。

”理解”とは何か?

理解とは何か。理解とは、全体の各部分を知ることだと僕は考えている。例えば、パズルを思い出してみるとわかりやすい。パズルは完成図が見えているが、ピースはバラバラに存在する。そしてパズルを完成させるためには、ピースがそれぞれ全体のどこに位置するかを”理解”しなければ完成させることができない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク