スポンサーリンク
スポンサーリンク




相手の”気持ちや意図を汲み取る”力を鍛える

意図を読み取る”とは、『ある対象から自然と頭に浮かぶ感情やイメージを認知する』ことだと言える。”意図を読み取る”と聞くと、意識ごと”相手”に引っ張られてしまうが、実は、対象を感じつつも意識は自分にある状態なのだ。そして、その状態こそ、”例外である”ため入り口でもあるのだと思う。

洞察力を鍛える方法

洞察することの意義を体感してもらえたと思うが、ここからは、”人との関わりで洞察をすることの意義”について触れておきます。それが洞察力を鍛えるために日常的に行えるトレーニングでもあるからです。

感情を読み取る力を考えてみたい

具体的にどうするかと言うと、”体験”を話してもらう工夫が必要となる。なぜなら、その体験と結びついている感情を探りたいからだ。この時の注意は、言語情報と非言語情報で感情を切り分けること。

”理解”とは何か?

理解とは何か。理解とは、全体の各部分を知ることだと僕は考えている。例えば、パズルを思い出してみるとわかりやすい。パズルは完成図が見えているが、ピースはバラバラに存在する。そしてパズルを完成させるためには、ピースがそれぞれ全体のどこに位置するかを”理解”しなければ完成させることができない。

”STAR”という面接手法

求職者側からすると、このような”その場で考えないと答えられない質問”をされるのがもっとも嫌な手であるが、自分の価値をあげるためには、やはり頭を使って行動する必要がある。逆に、面接官からすれば、このような質問は相手の本質を見抜くための最善手であると考えられるし、僕が面接官なら絶対に投げかけたい質問ではある。

本質を見抜く観察力と洞察力

”本質を見抜く力とは、洞察”のことを言うが、洞察とは、”洞察=観察+考察”である。また、”本質となる要素は1つとは限らない”。人間は、0から物を考えることはできない。だから観察が必要になるし、何を本質とするかは、”何の”本質を見極めるかということに依存する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク