スポンサーリンク
スポンサーリンク




”幸せになるためには頭が悪いほうがいい”という理屈

幸せになるためには、パンドラの箱を空けないことである。その箱を開ければ、あなたは知識や経験を獲得し、賢くなるかもしれない。ただし、その代償として、あなたは幸せから遠ざかっているのかもしれない。なぜなら、頭がいいということは、物事を弁別力する力を身につけることだからだ。

悲しみとは何か?

悲しみとは何か? このエントリーでは、”悲しみ”について理解するため、その定義や心理学研究を追ってみる事にした。 ...

負の感情はむしろ健全!!〜なぜ人間には感情があるのか〜

こういう想いを念頭に、ディランは本書を進めていくのだから、少なくとも今現在、惨めさを感じていたり、豊かな生活がおくれていないと感じる人には、それを解消するための”ヒント”が転がっているように思う。なので、以下の項目のいずれかに、あなたのセンサーが反応したなら、かなり手軽に読めるので目を通す価値はある。感情の概要や種類を知りたい、感情をコントロール術を知りたい、感情の役割や機能を知りたい。

性格を変えたい?その意味すらわからなのに?

性格を変えたいって?できます。性格というのは思ってる以上に変えられるものです。”性格は変わるのか?”と言う疑問についても小塩氏は化学的研究を元に結論を出している。しかし、性格を変えたいと言うのなら、まずは”性格”という概念を多角的に捉えるところから初めねばならない。

勘違いさせる力とは普通に”実力”だと思う件

勘違いをさせるためには、まず自分が勘違いをしているということを理解することから始まる。だから、ある意味、このブログのタイトルと画像にに釣られたことも間違いではなく、冒頭で、「見事に勘違いしたあなたはもしかしたら、勘違いをさせる力の片鱗を掴んだかもしれない」と述べたのはそういう意味である。

”緊急×重要のマトリクス”をそのまま使うのはただの思考停止だとあえて言っておく

と言うのも、そもそもの話、”重要”という項目があること自体、不可解なのだ。なぜなら、重要出ないことはここには書く必要がない。つまり、リストアップする時点でそれはあなたにとって必要な項目だと言える。と言うことは、注目するべきは、”緊急性”であり、この緊急性を細分化した物が僕のネオマトリクスである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク





Notice: Undefined index: codoc_script_tag_attributes in /home/users/1/main.jp-5015863796e13821/web/human-relations/wordpress/wp-content/plugins/codoc/class-codoc.php on line 133