スポンサーリンク
スポンサーリンク




”STAR”という面接手法

STAR”とは、募集ポジションに最適な人材を効率的に採用する手法の事。あらかじめ評価基準や質問項目を決めておき、手順通りに実施する(構造化面接法)。その枠組みが”STAR”という項目で、Sutiation(状況)、Task(課題)、Action(行動)、Result(結果)の頭文字をとっていて、面接官による評価のばらつきを抑えることが狙い。この構造化面接を分類すると、行動面接と状況面接の2つがある。行動面接は、過去の行動に焦点を当てている。一方で、状況面接は、架空の状況に対しての行動に焦点を当てている。重要なのは、評価基準や質問を決めておくことで採用希望者の”行動”に関する情報を引き出すことである。”行動”とは候補者の資質や性格から生まれるからである。

本質を見抜くためには、観察力と洞察力が必要って話

洞察とは何か?このエントリーを通じてわかったことがある。1つは、”洞察=観察+考察”だということ。もう一つは、”本質となる要素は1つとは限らない”ということ。人間は、0から物を考えることはできない。だから観察が必要になるし、何を本質とするかは、”何の”本質を見極めるかということに依存するからだ。

概念化と抽象化を理解する

”概念化と抽象化”について記事を残しておきました。簡単に言うと、抽象化とは、”複数の事例から共通点を抜き出す作業”を指し、概念化とは、”その共通点を一つの言葉でくくる”ことを意味します。故に、概念化することが抽象化の目的であり、この2つの概念は密接に関係してます。自分の考えを整理する意味もあり、概念化と抽象化について具体的例を交えて文章にしてます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク