スポンサーリンク




統合失調症に似た病気について

統合失調症に似た病気

やまだです。

ここまで、統合失調症はどんな病気か

どんな症状があるのか

ということを詳しくみてきました。そして、統合失調症には、多くの症状があるということがわかったのではないでしょうか?また、精神症状というのは、個人の内面的なものであることからして、見分けがつけずらいという問題があります。つまり、統合失調症と似たような症状を有する疾患と区別がつけずらいのです。

ですので、このエントリーでは、統合失調症と間違われやすい疾患を見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




統合失調症の診断基準

てはじめに、統合失調症の診断基準をDSM-5より引用させていただきましょう。

A.以下のうち2つ(またはそれ以上)、各々が1ヶ月間(または治療が成功した際はより短い期間)ほとんどいつも存在する。これらのうち少なくとも1つは(1)か(2)か(3)である。

(1)妄想

(2)幻覚

(3)まとまりのない発語(例:頻繁な脱線または滅裂)

(4)ひどくまとまりのない、または緊張病性の行動

(5)陰性症状(すなわち情動表出の減少、意欲欠如)

B.障害の始まり以降の期間の大部分で、仕事、対人関係、自己管理などの面で1つ以上の機能のレベルが病前に獲得していた水準より著しく低下している(または、小児期や青年期の発症の場合、期待される対人的、学業的、職業的水準にまで達しない)。

C.障害の持続的な徴候が少なくとも6ヶ月間存在する。この6ヶ月間の期間には、基準Aを満たす各症状(すなわち、活動期の症状)は少なくとも1ヶ月(または、治療が成功した場合はより短い期間)存在しなければならないが、前駆期または残遺期の症状の存在する期間を含んでも良い。これらの前駆期または残遺期の期間では、障害の徴候の存在する期間を含んでも良い。これらの前駆期または残遺期の期間では、障害の徴候は陰性症状のみか、もしくは基準Aにあげられた症状の2つまたはそれ以上が弱められた形(列:奇妙な信念の、異常な知覚体験)で表されることがある。

(引用:DSM-5精神疾患の分類と診断の手引きより)

これはその一部ですが、

  1. 症状の内容
  2. その期間が

診断基準としては重要であるということですね。

以上を踏まえ、統合失調症には、以下のような似た症状があります。

短期精神病性障害

まず、短期精神病性障害です。統合失調症と同じ症状が出ても、1ヶ月以内にに完全回復する場合、統合失調症とは区別されます。また、前駆期に当たるものはなく、急激に症状が始まり、短期間で消失するというのが特徴とされます。

統合失調症様障害

続いて、統合失調症様障害です。これは、短期精神病性障害よりは、つまり1ヶ月以上は症状が長引くものの、6ヶ月以内には治る場合です。このように期間によって色々区別されるわけですね。

妄想性障害

次に、妄想性障害です。統合失調症と同様に、妄想があり持続もしますが、幻覚やその他の症状がないというのが特徴です。症状が妄想に限定されているという点で統合失調症とは区別されるということです。

統合失調感情障害

最後に、統合失調感情障害です。統合失調症の症状と、うつ病と双極性障害の症状の両方を併せ持つ場合、統合失調症と区別されるということです。

特に、期間で区別されていた障害に比べると、症状でその鑑別がなされる障害の場合、その判定はより困難とされます。統合失調症の前駆期や陰性症状はは、うつ病の症状と、一方で、統合失調症の陽性症状は、双極性障害の、興奮や攻撃性、誇大妄想と被ります、。従って、精神科医でも鑑別が難しいのだそうです。

自閉症スペクトラム

最後に、統合失調症と間違われやすい障害に、自閉症スペクトラムがあります。具体的には、自閉症スペクトラムには、聴覚・視覚・味覚異常あるいは過敏という症状があるのですが、これが統合失調症の「幻覚」と間違われやすいのだそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

関連記事



AMP用の関連コンテンツ