地域援助に関する用語

ソーシャル・サポート

地域援助にまつわる用語をまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ソーシャル・サポート

ソーシャルサポートとは、社会関係の中でやり取りされる支援のことをいい、健康行動の維持や、ストレッサーの影響を緩和する働きがあり、代表例には、以下のようなものがある。

①情緒的サポート・・・共感や愛情の提供

②情報的サポート・・・適切なアドバイスや利用可能な制度についての情報を提供する

③評価的サポート・・・建設的なフィードバックや肯定的な評価を与える支援

その他

その他の用語まとめ

アウトリーチ

臨床心理士が自ら被災地などにでむき、支援を行うこと。

エンパワーメント

クライエント自身が様々な力を獲得し、発揮できるようにする事。

ソーシャル・インクルージョン

「全ての人々を孤独や孤立、排除や摩擦から援護し、健康で文化的な生活の実現に繋げるよう、社会の構成員として包み支えあう」という理念。

アドボカシー

意思表明が困難な人の意思を、援助者が代弁すること。

アカウンタビリティ

援助者の利用者に対する説明責任のこと。

コンサルテーション

専門家であるコンサルティに対して助言を行い、クライエントに対しては間接的な援助を行うこと。

レスパイトケア

要介護状態の者が、福祉サービスなどを受けてる間、介護をしてる家族が一時的に介護から解放され、休息を取れるようにする支援のこと。

ピアカウンセリング

お互いに平等な立場で話を聞き合い、きめ細やかなサポートをする事。

セルフ・ヘルプ・グループ

同じ問題を抱えた人が集まり、問題解決に取り組む集団。

メンタリング

人の育成、指導方法の1つ。経験豊かな人が経験の浅い人に対して行う専門的な指導の事。

リエゾン

専門家同士が連携して助け合えるように、その間に入って支援する方法。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする