スポンサーリンク




【忘備録】ブログをリライトするための分析方法

リライトのための分析

ブログ中級者(月間20,000pv〜30,000pv)の僕が、30,000pvの壁を越えるためにリライトの方法を忘備録として残してます。ブログ運営としては1年2ヶ月ほどなので、状況が同じ人は参考になるかもです。

※SEO対策として内容は徐々に更新してます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




リライトする記事を選定するための分析

リライトをしようにも記事が多くなってくると、全てを網羅することはできません。そこで、僕が使っているのがABC分析です。簡単に言えば、月ごとにクリック数の多い記事を上から並べて、A〜D(+ランク外)に分類します。これでまずは自分のブログ全体の現状を把握します。こ

ABC分析のやり方は↓↓↓こちら

マーケティングの分析手法ABC分析(パレートの法則)をエクセルを用いたやり方をご紹介します。今回は、SEO対策の一環としてるため、キ...

Aランクの記事をリライトする

僕の場合、「Aランクの記事を上から順にリライトする」ことが、最も効果的である!という結論に達しています。現段階では。Aランクとは、ブログの全体クリック数の80%を構成している記事です。

直帰率の高い記事から選ぶ

続いては、直帰率の高い記事からリライトする方法です。これはリンク先の方の記事ですが、とりあえず4月からこの方法を実践しようとかと思います。ただ、単純にクリック流入がない記事をリライトしても効果が薄いと考えられるため、ある程度読まれていて、直帰率が高い記事をターゲットにすべきだというのが僕の見解。

ターゲット記事の検証

ある程度リライトの対象を絞ったところで、ここからは記事ごとに本当にリライトするか否かを判定する必要があります。ここからはそのための分析方法です。

サーチコンソールの活用

そのためには、サーチコンソールの”機能比較”を使う。サーチコンソールを使うと、記事別に検索されたキーワードの①クリック数、②表示回数、③CTR、④順位の実績をみることができる。そして、月ごとにvsキーワードおよび、vs特定のページの全てのキーワードの平均の値を比較することができるのでその値に基づいてリライトをするか否かを判断するとよい。例えば、以下のような比較結果が得られたとしよう。

サーチコンソールの比較例

この場合、順位が下がってるので、表示回数が下がっている。その結果クリック数も下がっているというのはある意味自然な反応である。ただ、ここでCTRが上がってるのだからいいじゃないかと思うかもしれないが、表示回数-1000、クリック数-50と考えたら、リライトすべき余地があると言えます。

このように、サーチコンソールによる月間数字の比較からリライトを検討するとなると、いくつかパターンが存在するのですが、そのパターンを洗い出したものが下の表です。

サーチコンソール例①

サーチコンソール例②

それぞれの月間数字の変化について横ばいを除外すると、全部で2×2×2×2=16通りです。ただし、表の左端に”✖︎”がついてる組み合わせは存在しないので、実質16-4=12パターンということになります。クリック数と表示回数が近づいた場合、CTRが低下することはありませんし、逆に、クリック数と表示回数の乖離が大きくなった場合、CTRが上がることはあり得ないからです。

また、色付けの意味は以下の通りです。

(青)⇨リライト不要

(黄)⇨メタディスクリプションのリライト必要

(赤)⇨内容のリライト必要

青)⇨パターン①、⑤、⑨

1つずつ解説します。まず、パターン①の場合、全ての値が上向きなため、絶好調だと言えます。下手に手を加えると逆に評価が下がる可能性もあるため、経過を見守りましょう。次に、パターン⑤ですが、この場合、順位は上がってるのに、表示回数が減っているということは月間の検索量が減っただけの可能性が高いです。クリック数が上がってるのはもはやラッキー、普通は、検索量が下がれば、クリック数も減ります。グーグルトレンドなどでキーワードの年間変動を確認しますが、こちらも経過観察で問題ないでしょう。最後に、パターン⑨。順位は上がってるのに、検索量とクリック数が下がってる場合です。これも単純に月間の検索量が下がってるだけの可能性が高いです。パターン⑤との違いはクリック数が増えてるか減ってるかだけ。こちらの方がむしろ自然な変動と言えます。

黄)⇨パターン③、④、⑦、①①

まずは、パターン③のCTRだけ下がった場合。つまり、検索量の増加に対して、クリック数の増加が少ないということですよね。つまり、グーグルには評価されてるが、ユーザーからは、タイトルやメタディスクリプションを見て”ここには自分の欲しい情報がない”と判断されています。次に、パターン④。ユーザー、グーグル共に評価を下げられていると言えます。にも関わらず、検索数もクリック数も増加しているのは、検索量が増えたからだと言えるでしょう。つまり、順位が下がっていなければ、更に高いパフォーマンスだった可能性が高いです。ディスクリプション+内容のリライトを検討しましょう。続いて、パターン⑦です。順位が上がって検索量も増えているため自然な変動です。グーグルからは評価されているので、メタディスクリプションに手を加えて検索流入を増やしましょう。最後はパターン①①ですね。これは、順位が上がってるため、グーグルには評価されてるにも関わらず、検索数が減っています。つまり、当月の検索量が減ってることがわかりますね。それに伴い。クリック数も減ってるのである意味自然な変動です。問題は、CTRが下がってることです。これはいけません。この場合CTRが低下するということは、検索量に対してクリック数の方が減りが大きいからですね。メタディスクリプションを修正して、前月と同程度のCTRを目標にしましょう。

分析② 読了率から

赤)⇨パターン②、⑥、⑧、⑩、①②

最後は赤色の説明をしますが、基本的に順位が下がってるなら、競合に上位を奪われているため、内容を改善する余地があります。また、CTRが下がっているパターン⑧と①②に関しては、内容と共にメタディスクリプションを改善すれば更なる高パフォーマンスが期待できます。

本当にリライトする必要があるのかを分析する

以上は、リライトをするにあたり、ある程度ターゲットを絞るための分析であるため、続いては、選定した記事に対して本当にリライトが必要であるのか、あるとしたら記事内のどの部分を修正するのか絞り込みをするための分析です。

読了率を把握する

読了率とは、各記事内のどこでユーザーが多く離脱しているかを示す指標のこと。https://human-relation.net/wordpress/rewrite/

詳細は過去記事に譲るが、つまり、離脱率が最も高い箇所に狙いを定めてリライトをする方法なわけだ。ただし、この方法でリライをする場合、ある前提に基づくことになる。それは、ユーザーが、記事の最初から順番に読み進めているということだ。しかし、これがどこまで適応されるかというと、記事によって異なるとしか言えない。その理由は以下の図を比較するとご理解頂けるのではないか。

読了率の比較

もしこの前提が全ての記事に適応されるならば、数字は左表の様に、ユーザー数は、見出しを進めるごとに、減少していくはずである。しかし、右表の様に、後方の見出しのユーザー数がそれ以前の見出しより多いことがある。これはなぜかと言うと、ユーザーは目次を確認し、必要な箇所に飛んでいたり、あるいは、検索エンジンから直接必要な箇所のみ情報をすくい取り、離脱ないし別ページに飛んでいるということになる。であれば、離脱率が高い箇所をリライトするという方法が、記事の質を上げるために必ずしも有効ではないということを意味する。

例えば、以下の記事を具体例として考えてみたい。

「”意図”という言葉を説明してください」と言われ、あなたは上手く答えられるだろうか?本記事の目論見は、”わかった気になっている”もしくは、”何がわからないかわからない”というあなたに、”わかっていない部分を明確にしてもらうこと”を狙いとしている。それこそが、僕がこの記事を書いた”意図”である。

意図とは?の読了率

この記事では見出し④よりも見出し⑤の方がユーザー数が多い。つまり、記事を順番に読み進められていないユーザーが存在する。そこで、続いて、サーチコンソールのキーワードを分析する必要がある。

キーワードごとにターゲットを想定する

例えば、先ほどの記事のサーチコンソールキーワードの値がこんな感じだったとします。

空想モデル

説明を簡易化するため、キーワード数は2つしか取れてないとしましょう。そうすると、このような場合、”意図”と検索して流入してくるユーザーと、”意図・目的”と検索してこのページにたどり着くユーザーで、ニーズは同じなのだろうか?というとおそらく違います。なぜなら、ニーズが違うからこそ、先ほどように、後続の見出しと先行する見出しでユーザー数が異なってくるのです。

それゆえに、キーワードごとユーザーに対する次のような仮説が立ちます。

①”意図とは”で検索するユーザーは、シンプルにその”定義”のみを知りたい。

②”意図・目的”で検索するユーザーは、意図と目的の違いや関係性など、さらに踏み込んだ内容を知りたい

つまり、求めている理解度の深さに違いがあると考えられます。

ユーザー属性について

すると、次のような疑問が湧いてきます。ニーズが違うということは、検索しているユーザー層も違うのではないか?ということです。そのためには、画面の向こう側にいるユーザーをより具体的に想像する必要があるのですが、そのために年齢や性別をGoogle Analyticsで取得します。

仮に、この記事のユーザー属性が次のような値だったとしよう。

【性別】

性別

【年齢】

年齢

つまり、この記事を読んでいるのは、25歳〜34歳の男性ということになる。この情報があるだけでも、この記事を”誰に”向けて書くのか?という具体性が増すだろう。この時点で一度、そのペルソナ像を次のように表にするとよい。

ペルソナ像

ちなみに、こちらは、”意図・目的”のキーワードを想定したペルソナ像なので、”意図とは”で検索するユーザーについてもペルソナ像を設定すると良い。

競合リサーチ

ペルソナ像ができたところで、それぞれのキーワードを実際に検索し、できれば上位10サイト、無理なら、自分のサイトより上位のサイトの内容を把握する必要がある。

まず、”意図とは”で検索してみると、僕のサイトは、6位に表示されていることがわかる。なので、5位以上の競合を確認すると、1位から3位は”コトバンク”、”goo”、”webilio”と辞書関連が並んでいる。4位は意図の定義に加え、類似語、例文を簡易に掲載した内容になっている。5位は英語学習アプリ内でQ&Aから”意図”の例文をピックアップしたものになっています。

それでは、この競合ページがどんなユーザーをターゲットにしているのでしょうか?。おそらく辞書サイトは、”定義や意味を知りたい人”がターゲットになるでしょう。次に、4位のサイトは、”転職情報メディア”と掲載されているため、”転職を考えている人”がターゲットになりますね。最後に、5位のサイトは、”英語を学習者”がターゲットです。これに、25-34歳・男性という情報を加えると、以下のようになります。

①25-34歳男性の英語・外国語学習者

25-34歳男性の転職活動者

すると、僕の描いたペルソナ像とはどちらも属性が異なります。そして、上の2つのサイトがGoogleから評価されているということは、ユーザーに対しての要求を満たしているからだと考えられます。要するに、より上位に表示されるためには、その様なユーザーの要求を満たすためのリライトをする必要がありそうです。

FindWordを使って共起語をリサーチ

しかし、具体的にはどの様にリライトすれば良いのだろうか?ここで言うリライトとは、付け加える情報を変えたり、不要な情報を削ったり、あるいは、表現の仕方を変えたりすることです。そのために活用できるのが、FindWordです。サイトをひらき、”調べるURL”に記事のURLをコピペし、標的キーワードを入力し検索すると、上位ページにあって、自分のページにないキーワードを把握することができます。これを”共起語”といいます。つまり、その情報がある故に、競合ページはGoogleから評価されているという考えに基づきリライトするのです。僕の場合、”意図とは”でFindWordを活用したところ、以下の様な共起語が抽出されました。

findwordの共起語

どうやら、”意図の例文”を内容的に増やすと上位に表示されそうです。また、状況設定を転職者向けにしてリライトすることも有効かもしれません。これを先ほど設定したペルソナ像と照らし合わせると、ペルソナ①もペルソナ②もマッチングしてると考えられます。

ターゲットを決定する

いよいよ、こららの分析作業に基づき、”標的キーワード”と”標的ペルソナ”を決定する必要があります。つまり、原則キーワード1語、ペルソナ1人に的を絞るということです。欲張りたい気持ちはわかるが、1つ1つやっていかないとコンテンツとして駄作なものになる上に、リライトの効果測定がしづらくなるからです。よってこの原則に従うべきだと僕は考えます。また、その決定は当然、検索量が多いワードから手をつけていくべきでしょう。先ほどの記事なら、”意図とは”の方が検索量は多いため、こちらを標的キーワードとして設定します。同様の理由で、ペルソナ像は、①25-34歳男性の日本語学習者に設定します。

理想の状態の確認

最後は記事をリライトするにあたり、理想の状態を確認します。これは2つあります。1つは、ユーザーに望む行動です。2つ目は、標的キーワード数値指標です。

ユーザーに望む行動

そのままの意味です。対象となる記事を読んでもらい、あなたはユーザーに何をして欲しいのか?これを明確にしておきます。これは人によって様々です。例えば、

・収益化したい

・PV数を増やしたい

・アンケートに答えて欲しい

・イベント参加に繋げたい

などががあるでしょう。その理由は、これを明確にしておくことで、そのためのアクションが変わるからです。収益化を目指すならば、”アドセンス広告をクリックしてもらう”ことが、あるいは、PV数を増やすことを目指すならば、”内部リンクをクリックしてもらう”ことがユーザーに望む行動になります。前者を目指すのであれば、”意図とは”で検索された場合のアドセンス広告の単価を調べる必要がありますし、後者なら内部リンクをどこに設置するかを考えねばなりません。

キーワードごとの理想の状態

例えば、架空モデルとしてあげた”意図とは”のサーチコンソールの値は以下の通りでしたが、この数字をどの様にしたいか?をまず考えねばなりません。この場合、順位が6位なので、CTRを3%まであげることを目標としたいので、クリック数は、120になります。

理想の状態

ちなみに、この数字の設定は、 2017年検索順位別クリック率に基づいてます。ちょっと古いけど。ただし、CTR3%を目指すということは、6位の状態での一般的な平均CTRを目指しているため、リライトすべきは、内容ではなくメタディスクリプションになります。ユーザーは、タイトルやメタディスクリプションを見て、”ここには自分の欲しい情報がない”と画面をスルーしていくからです。一方、理想の状態を”順位を1位、CTRは22%”と設定するのなら、内容もリライトする必要があるわけです。ここでは、PV数を増やすことを目指します。

具体的にやること

※詳細がまとまり次第更新します

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

関連記事



AMP用の関連コンテンツ