スポンサーリンク




度数分布表とは?

どうも心理士気触れのやまだです。

本エントリーは、統計シリーズ〜度数分布編〜第二弾

「度数分布表」

についてです。

というわけで

このエントリーは、以下記事からの連続性を持たせて書いてますので、

「度数」と「値」という概念を理解していることを前提にしてますのであしからず。

どうも心理士気触れのやまだです。 これからいくつかにわけて、統計関連のエントリーを投下したいと思います。 知識的なことも...
スポンサーリンク
スポンサーリンク




度数分布表とは

度数分布表とは、度数分布、つまり、変数となる値とその数である度数を表にしたものことを言います。その名称の通りですね。

ですので、度数分布表をなぜ作るのか?

問われれば、全体像を把握するためだと言えますが、解像度をさらにあげるのであれば、どの値からどの値までに、何人いるのかを一目でわかるようにするためだと答えることができます。

つまり、「度数分布表」を作成するためには、データ収集により「値」と「度数」が必要ということになります。

どういうことでしょうか?

前回のエントリーの際に用いた以下の「質的変数」を扱ったデータを度数分布表にまとめてみましょう。

  • 精神障害・・・20
  • 発達障害・・・30
  • それ以外・・・100

これらを度数分布表にすると以下のようになります。

度数分布表 質的変数の場合

町Aの住人に対して、「健康調査」という名目でアンケート調査を行ったら、精神障害が20人、発達障がいが30人・それ以外が100人いたということがわかりますね。

度数分布表の解説については以上です。

次回は、量的変数の場合の度数分布および、度数分布表についてです。

これまでのエントリーでは、 度数分布で用いる「値」と「度数」とは何か? 「質的変数」を用いた度数分布表のまとめ方 ...

参考書

最後に、参考書をのせておきます。

①統計学がわかる

②やさしく学ぶ統計の教科書

③よくわかる心理統計

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

関連記事



AMP用の関連コンテンツ


Notice: Undefined index: codoc_script_tag_attributes in /home/users/1/main.jp-5015863796e13821/web/human-relations/wordpress/wp-content/plugins/codoc/class-codoc.php on line 133