スポンサーリンク




ケース・フォーミュレーションとは

ケースフォーミュレーション

近年台頭してきたとされる、”ケース・フォーミュレーション”という概念をこの記事では取り扱ってみようと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ケースフォーミュレーションとは

ケースフォーミュレーションの定義をまずは確認しておきたいと思うが、ある書籍には

ケースフォーミュレーション(Case Formulation : 以下CF)とは、クライエント個々人の問題がなぜ生じたのか、問題はどのように変化しているのか、問題が消失せずに続いているのはなぜか、問題を改善するためにはどのような介入が必要かといったことに関する仮説を立て、介入に反映させることです

(引用:よくわかる臨床心理学,p42)

と書かれている。

しかし、臨床心理学に対して少し知識のある方なら僕と同じ疑問を持たれたのではないだろうか。

それってアセスメントのことじゃね?と。

それもそのはず。これはどうやら、認知行動療法を用いる際に使われるアセスメントの呼称のようなのだ。その根拠をネットの情報にするわけではないが、”ケースフォーミュレーション”と検索エンジンに打ち込んでみるとそのことがよくわかるので試してほしい。

ケースフォーミューレーションとアセスメントの比較

そこで、別の書籍にも目を通してみたのだが、ケースフォーミュレーションを理解するにあたり、手がかりがあったため、その部分を追ってみることにする。

ケースフォーミュレーションとアセスメントは、前者は仮説生成としてのプロセス、後者は情報の収集・分析のプロセスとして、しばしば概念的に区別される。しかし臨床心理実践に即して考えるならば、両者は互いに重なり合い、分かちがたいものである。

(引用:実践心理アセスメント,p16)

なるほど・・・・・・

よくわかりませんね。なにやら哲学的な匂いがするので、行動療法派と精神分析派を取りまとめる偉いおじさんに是非とも止揚して欲しい。

とまあ、その話は横にイスがあればそっと置き、もう少し続きを読む。

したがって、アセスメントのプロセスに仮説生成以降の段階までを包含することも、逆に、後述するようにケースフォーミュレーションのプロセスの一段階としてアセスメントを組み入れることもある。

(引用:実践心理アセスメント,p17)

なるほど、こちらの方が少し理解がしやすい表現をしている様に感じる。図にすると下の様に、事例①の様に、ケースフォーミュレーションの一部にアセスメントが含まれる場合もあれば、その逆もあるってことですよね。

アセスメントとケースフォーミュレーション

ただ、この違いを本気で理解するためには、このそれぞれのパターンの具体例を知る必要があるので、この記事ではアセスメントとの比較はここまでにしておく。

ケースフォーミュレーションの基本姿勢

最後にケースフォーミュレーションの基本姿勢について踏み込んでおく。慶成会老年学研究所の松澤先生は、次の様に述べている。

既存の理論を一方的に当てはめて解釈しようとしたり、病名を始めとする何らかの「ラベル」を貼って理解したような気になったりすることは協働的な仮説生成からほど遠く、ケースフォーミュレーションの対極にある姿勢である。

(引用:実践心理アセスメント,p16)

僕にはわからなかったが、この文章はアンチ精神分析的ニュアンスが含まれている様なので、自分のお世話になってる先生が精神分析を専門とする場合、くれぐれも注意して欲しい。

また、”協働的な仮説生成”という表現もこれまたCBTに特有の考え方らしく、セラピストとクライエントが一緒になって仮説を生成するという点が強調される様だ。そのため、下山先生は、

CFの考え方で強調されるのは、「個別性」と「仮説の生成・検証」です。CFでは、クライエント一人一人の問題や状態を個別に捉え、オーダーメイドの介入計画作成を目指します。

(引用:よくわかる臨床心理学,p42)

個別性をとにかく訴えている。その下山先生の動画がYou Tubeにアップされているので、興味がある方は理解促進のために観ておくと良い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

関連記事



AMP用の関連コンテンツ