スポンサーリンク




問題行動への対処法 〜分化強化(DRO/DRA/DRI)〜

分化強化

今回は、問題行動に対処するための手段を紹介します。

子どもの問題行動に対処する場合、

問題行動の原因(強化子)を理解する

②そのための対応方法の1つに消去がある

以上の2つを過去エントリーで紹介してきました。

ただ、これだけではまだ不十分です。

というのも、消去という手段だけでは現実問題対処しきれないからです。その理由は別エントリーに譲るとして、今回のエントリーでは、この消去と並行して用いる『分化強化』という手続きを紹介しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




分化強化とは

子どもの問題行動に『強化子を与えない』という手続きが『消去』でした。これに対し、『分化強化』は次の様に定義されています。

分化強化(ぶんかきょうか、英: differential reinforcement)とは、心理学、行動学用語の一つ。 複数の反応クラスが出現した際に、片方の反応は強化し、もう片方の反応を弱化する事を指す。

(引用:wikipediaより)

つまり、問題となる行動を『弱化』し、それ以外の適切な行動を『強化』しましょうねという話です。ただし、このエントリーに限っては、問題行動に対しては『消去』という意味で用いることにします。

分化強化の分類

ちなみに、分化強化は先ほど述べた通りですが、実はこの分化強化には①DRO(他行動分化強化)②DRA(他行動分化強化)③DRI(他行動分化強化)といった3つの種類があります。なので、それを1つずつみていくことにしましょう。

分化強化の種類

他行動分化強化/DRO

まずは、DRO(他行動分化強化)から説明しますね。DROとは、Differential Reinforcement of Other Behaviorの略で、問題行動以外の適切な行動を強化することによって、間接的に問題行動を減らす手法です。DROの特徴は「問題行動以外のあやゆる適切な行動」が標的となる点にあります。つまり、強化すべき行動が複数あるわけです。

例えば、

最近「未来のミライ」という映画が地上波で放送されてましたね。あれ見ましたか?

あのアニメの中で、くんちゃんという男の子に妹が生まれ、それまで独占していた両親の愛情がすべて妹に奪われてしまったのです。その結果、くんちゃんがどういう行動に出たのかというと、泣きわめいたり、妹をいじめたりしてました。こういった行動はまあ、問題行動と考えられるわけです。

そこで、問題行動の機能をさぐるわけですね。

発達障害児に限ったことではないが、子どもと接する場合、100%問題行動(社会的に望ましくない・やめて欲しい行動)に直面する。例えば、...

そうすると、これらの行動の原因として

①泣き喚く⇨注目

②妹をいじめる⇨自己刺激

などが考えられます。

しかし、このような行動に1つ1つ対処するのは結構な労力が必要なわけです。そこで、問題行動には消去手続きで対処し、それ以外の場面の適切な行動を褒めてあげましょう。これがDROです。

具体的には、

①泣きわめいてない時のことを褒める(ご飯を食べる、早く寝るなどこちらの指示に従えた時)

②妹をいじめてない時を褒める(大人しくおもちゃで遊んでる時

これがDRO(他行動分化強化)です。

代替行動分化強化/DRA

 続いては、DRA(代替行動分化強化)について説明します。DRAは、Differential Reinforcement of Alternative behaviorの略で、問題行動の代わりとなりうる行動を選択し、それをピンポイントで強化する手法です。”ピンポイント”というのがミソですね。というのも、これに対し、先ほど説明したDRAは『問題行動以外の全ての行動』を強化することにありました。なので、この点が大きな違いです。

例えば、ドラマなんかで、会社や学校で嫌なことがあったヒロインが、枕を顔に押し付けて「バカヤロー」とか叫んでストレス発散してる場面ありましたよね。

これ、DRAです。

枕なしで叫んだら、迷惑(問題行動)になるので、それと似た機能を果たす、より適切な行動(代替行動)を強化しています。似た行動ですから、カラオケとかもありですよね。

また、これを幼児に置き換えると、自分の欲しいものが手に入らず、

泣き喚いたり、人を叩いたたりすることがあります。そういう時は、『ちょうだい』とか『貸して』などのような要求言語を代替行動として強化すると良いでしょう。ちなみに、『泣き喚くから物をあげる』というのは最悪の選択です。子供は要求が通るとわかればその行動を続けてしまいます。お母さん自らの首もしめることになるので絶対にやめましょう。

対立行動分化強化/DRI

 最後に、DR)(対立行動分化強化)について説明します。DRIは、Differential Reinforcement of Incompatible behaviorの略で、Incompatibleは、両立できないという意味です。問題行動に代わる適切な行動の中で、とくに問題行動と物理的に両立できない行動を選んで、それを強化する手続きになります。

例えば、親指をしゃぶる子供っていますよね?

 

こういう子供には、手が空いてるから親指をしゃぶってしまうと考えます。そこで、両手を使わないとできない作業、お絵かき、塗り絵、ゲームなどその子が好きなもの、あるいは、新たな楽しい遊びなどを開発することで親指しゃぶりの頻度を減らすよう働きかけます。

 

なので、

DRIは、『問題行動の頻度を減らす』という意図で使用するのが吉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

関連記事



AMP用の関連コンテンツ