スポンサーリンク




【一般の方へ】認知行動療法(Cognitive Behavioral Therapy )とは

認知行動療法とは

認知行動療法とは、簡単に言ってしまえば、物事や出来事に対する「認知」を変えることで、行動の変容を促そうとする介入技法のこと。

ただ、最近で言うと「発達障害」もそうですが、言葉だけが世間を一人歩きしてしまっているため、この記事を読んで正しく理解して頂きたいわけです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




認知行動療法の特徴

始めに、認知行動療法が備えている特徴を3つ述べておきましょう。

①認知行動療法では、環境と個人の相互作用が悪循環に陥った時、問題が生じると考える。

②認知行動療法では、情緒的な共感ではなく、正確な共感が求められる

③認知行動療法では、クライエントとカウンセラーの協働関係を築く

これらの特徴を手がかりに、認知行動療法(以下、CBTと略す)詳細を掘り下げていきましょう。

認知行動療法の”心のとらえ方”は?

第一に、CBTでは”どのように心を捉えるのか?”という疑問に答えておきたいのだが、

その答えこそ、先ほど列挙した特徴の1つである、

環境と個人の相互作用が悪循環に陥った時、問題が生じると考える

という部分が該当します。

ただし、この”心の捉え方”を説明する前にCBTでいうところの、”心”について前提を共有しておくと、それは、”認知”だと言える。冒頭にも述べましたが、CBTで働きかけるのは、主に”認知”だからです。

そして、そのようなクライエントの”心=認知”を捉えようとするために用いられるのが、

刺激⇨反応⇨結果という連鎖反応なのですが、これを三項随伴性と呼びます。

三項随伴性とは、行動療法を行う前に用いられる行動分析のことをいうが、その際の行動を先行条件(弁別刺激)⇨行動(反応)⇨結果という3つ...

文字にするとシンプルですが、この三項随伴性こそ、クライエントの問題を環境と個人の相互作用から理解しようとするための枠組みだと言えます。

図示すると以下のようになりますね。

CBT 三項随伴性

そして、この相互作用が悪循環に陥った場合に、問題が生じると考えるのが基本的なCBTの着想です。

個人の反応の機能を分析する

ただし、この枠組みで心をとらえようとするためには、個人の反応についてもう少し詳細を知る必要があります。そのために実施されるのが、機能分析です。機能分析は、その人の行動や反応の意図や目的を理解する作業のことです。

一般的に応用行動分析内で用いられることが多い、”機能分析”についてまとめてます。簡単に言ってしまえば、人の反応の意図や目的を明らかに...

先ほどの図版でも示した通り、CBTでは個人の反応が、認知・感情・身体・行動の様に4つ要素から構成されると考えます。そして、これらの要素は相互に作用しあっていると言えます。そのため、クライエントが置かれる環境に置いて、それらの要素がどの様な意味をもち、どの様に機能しているかを明らかにすることが機能分析の役割ということですね。

これを踏まえて、1つだけ事例を観察しておきましょうか。

例えば、「ある企業Aにて、社内行事で急に上司からスピーチを頼まれた」という場面設定にしておきましょうか・・・

この後のスピーチ君だから

え、わ、わかりました・・・(え急に!?やべーめっちゃ緊張してきた)⇦感情

ま、まずい・・・失敗したらどうしよう・・・・⇦認知

ほら、出番だぞ!

あわわわわ、足の震えがとまらない⇦身体反応

・・・・(何も言葉がでてこない)⇦行動

と、機能分析を実施すると上記の様になるのですが、なんとなくイメージできたでしょうか?CBT 悪循環

これが、CBTの心の捉え方であり、悪循環というわけですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

関連記事



AMP用の関連コンテンツ