【動画コンテンツ】決済ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




こちらは、「【有料コンテンツ】心理学を用いた子育て法」の決済ページです。

購入後は、有料ページに直接ジャンプします。
購入してくださった方は、必ず有料ページをブックマークしてください。
ブックマークせずウィンドウを閉じてしまった方は、お問い合わせください。また、当該製品は予告なく定期購読の終了または、料金システムを変更することがありますので、あらかじめご了承ください。

購入ボタンは↓↓こちらです。

心理学を用いた、子育て法の説明

この動画コンテンツシリーズです、ABA(応用行動分析)と呼ばれる、心理学的な子育て法を紹介しています。

ABAは、伸ばしたい行動、望ましい行動をした後にすぐほめる、ご褒美を与えるなどしてできることを一つひとつ増やし、やる気を引き出すアプローチです。具体的には、以下の特徴があります。

  • 子どもの行動を理解するポイント
    人間に共通する行動パターンに基づいて、子どもの行動を理解し、問題行動を減らし、適切な行動を増やす働きかけをします。
  • 子供の行動の原因を理解する
    子どもは、かんしゃくや攻撃などの問題行動を起こします。これらの問題行動に対処するためには、行動の原因、つまりこれからの行動がなぜ起きているかを理解することが重要です。
  • 心理学の理論を踏まえた教育
    以上を踏まえ、ABAでは、オペラント条件づけ、スモールステップ、プロンプト、トークンエコノミー、機能分析、消去、分化強化、強化スケジュールなどを用いてアプローチします。詳細については、動画内で紹介します。
  • 子どもの行動を理解するポイント
    人間に共通する行動パターンに基づいて、子どもの行動を理解し、問題行動を減らし、適切な行動を増やす働きかけをします。
  • 子供の行動の原因を理解する
    子どもは、かんしゃくや攻撃などの問題行動を起こします。これらの問題行動に対処するためには、行動の原因、つまりこれからの行動がなぜ起きているかを理解することが重要です。
  • 心理学の理論を踏まえた教育
    以上を踏まえ、ABAでは、オペラント条件づけ、スモールステップ、プロンプト、トークンエコノミー、機能分析、消去、分化強化、強化スケジュールなどを用いてアプローチします。詳細については、動画内で紹介します。

それでは、これより動画コンテンツを体験してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする