スポンサーリンク




【Simplicity2】カスタム投稿タイプとタクソノミー の導入方法⑦

全10章【wordpress】カスタム投稿タイプとタクソノミー の導入方法⑦

このエントリーは下記からの続きです。

「カスタム投稿タイプとタクソノミー の導入方法⑥」

今回は「カスタムタクソノミー の専用テンプレート作成方法」についてのエントリー。

テーマはSimplicity2をベースにしてます。

このエントリーを読めば、

カスタム投稿記事に表示されている分類タグをクリックすると、専用のテンプレートで分類ページを表示することが可能になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




現状を確認

前回のエントリーでは、赤枠の分類タグが表示されるまでのプロセスを解説しました。

そして、このタグをクリックするとどうなるかと言うと・・・・

この様に、404.phpテンプレートで表示されます。

パーマリンク設定

このページが表示されない場合の対処は、パーマリンク設定をしますが、過去記事に残してますので、そちらを参考にしてください。

taxonomy-カスタム分類名.phpを作成

それでは、専用テンプレートの作成に取り掛かります。

まずは、投稿タイプの一覧専用テンプレートを開きます。

archive-wordpress(カスタム投稿名).phpのことです。

このファイルは残しておいた状態で、新たにファイルを複製します。

複製する際に、名前を書き換え、taxonomy-‘カスタム分類名’.phpの形にします。

僕の場合は、

archive-wordpres(カスタム投稿名).php→(変更後)taxonomy-custom(カスタム分類名).phpです。

表示確認

はい。これで分類タグから飛んでも、taxonomy-cusotm.phpで表示することができました。

list-wordpress.phpファイルを編集

最後に、投稿タイプの一覧表示にかかわる、”list-wordpress.php”を編集します。

理由は、今のままだとlist-wordpress.phpをいじった場合に、taxonomy-coustom.phpだけではなく、archive-wordpres.phpにもその結果が反映されてしまうからです。

詳しくは、今後の記事で説明します。

ひとまず、lsit-wordpress(カスタム投稿名).phpは残した状態でファイルを複製し、複製したファイル名をlist-wordpress-’カスタム分類名’.phpに変更します。僕の場合は、下記の通りです。

lsit-wordpress.php→(変更後)list-wordpress-custom(カスタム分類名).php

残る作業は、taxonomy-cusotm.phpファイルの’list-wordpress’の部分を’list-wordpress-custom’と書き換えれば完了です。

テンプレートの読み込み確認

list-wordpress-custom.phpが読み込まれていれば作業は完了です。

まとめ

①現状確認

→専用テンプレートを作る前の表示を確認しておきます

②パーマリンク設定

過去記事を参照

③taxonomy-カスタム分類名.phpを作成

→僕の場合は、taxonomy-custom.phpでした

④list-wordpress(カスタム投稿名).phpを編集

→list-wordpress-カスタム分類名.phpに名前を修正し、taxonomy-custom.phpファイル内にある読み込みタグを’カスタム分類名’を変更

⑤テンプレートの読み込み確認

→読み込み経路が正しいかを確認しましょう

次回記事

次回記事は、

【wordpress】カスタム投稿タイプとタクソノミー の導入方法⑧

〜一覧ページにカスタムタクソノミー を表示させる方法〜についてです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

関連記事