【ブログ運営・目標】第2四半期(4月-6月)

前回記事にて、

第一四半期(2017年1月-3月)の振り返りを投稿したが、今回は、その結果をもとにして第二四半期の行動計画を考えたい。

第一四半期の結果

第一四半期の結果を数字で再度掲載しておく。

表の左から①検索流入数、②PV数がGoogle Analyticsから得られる数字で、③が自分で算出した②PV数の成長率。ブログ記事数はどちらも自身でカウント。右側の⑥検索エンジンで記事が表示される回数、⑦流入率(流入数/検索表示回数)がサーチコンソールで得られる数字。最後の⑧表示成長率も、自身で計算した⑥表示回数の成長率。

考察

この数字結果から言えることは、

①ブログ記事数に連動して検索流入数、PV数、表示回数、流入率は伸びる。

②PV数は、検索流入数の2.5倍弱から3倍強

③PV数および、検索表示回数の成長率は鈍化傾向

④検索表示回数の流入率は増加傾向

現状の数字の伸び方では間違いなく6月までに4万PVは達成できない問題点

問題点

このままだと、記事を量産し続ければ、数字は伸びていくのだろうが、6月までに4万pvという目標を期限内に達成することは間違いなく不可能。これが問題点になる。

原因

仮説としての原因は、主に2つ。

第一に、ボリュームのあるキーワードを選定できてない。故に、表示回数が圧倒的に足りていない。表示回数の母数が増えれば、流入数(クリック数)も増加する。第二に、記事を増やすことに時間を割いてしまってる点が挙げられる。現状掲げている目標ブログ記事数だと、内容よりも、いかに記事数を稼ぐかに意識が向いてしまっている。

課題

故に、現状の課題は、1記事でより多くのポテンシャルを獲得すること、1記事(テーマ)にかける時間を増やすことが必要だと考える。

以上を踏まえ、対策を打つのだが、その前に、2018年第二四半期の数字目標の修正と、シュミレーションを確認する。

2018年第二四半期の理想の状態

PV目標は変えずに、ブログ記事数を変更。当初は、5月までに100記事を目指してたが、6月までに100記事を投稿することとした。流入率については、第一四半期の考察でも述べたように、増加傾向であったため、3月時点で流入率(8.14%)を全て適応。検索流入数は、PV数を2で除した数で設定。こちらも考察数字を若干低く見積もった数を適応した。流入率の増加を考慮しなかったことと、検索流入数を高く見積もったのは、可能な限り想定外のケースを免れるためだ。

4月の PV成長率が2122%と、凄まじい数字になってるが、6月までに4万pv達成すればよしとする。それでも厳しい数字ではあるので、検証して”できるのか、できないのか”がわかるだけでも一歩前進したと考える。何より現状のままでは目標が達成できない以上、行動を変えるしかない。

第二四半期シュミレーション

そして、第一四半期の数字結果をもとに、第二四半期のシュミレーションをしたのが下記。

第二四半期シュミレーション

結論を述べると、検索表示回数において、理想と現実のギャップが47万445になる。つまり、この数字をいかにして埋めるか、積み上げる必要がある。この回数検索エンジンに表示されれば、4万pvを獲得できる計算になる。

対策(具体的タスク)

ここでようやく対策に戻る。

このギャップを埋めるために、クリアすべき課題が2つあった。

①1記事でより多くのポテンシャルを獲得する

②1記事にかける時間を増やす

そのために、4月は以下の対策をとりいれる

①1記事あたり、1万から10万のボリュームを最終的には獲得する

②複合キーワードに加え、関連キーワードでも上位表示を狙う

③複合キーワードの延長線上にある、ビッグキーワードで上位表示を狙う

④月間の新規記事数を減らす

⑤1テーマで記事が長くなった場合、複数に分割する

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク