【ブログ運営・反省】2018年4月①

2018年4月の結果報告と、その振り返りを記事に残しました。

内容が長くなったため2記事にわけてます。

目的は、自身のパフォーマンスをより質の高いものにするためですが、ブレイクダウンすると以下の3点が狙い。

①言語化を通じて、自分の目標、現状、問題、原因、課題、タスクを正確に把握する

②他者に見られてるという意識を持つことで、言語化能力も向上させる

③言語化能力の向上により①の思考整理をよりクリアにし、高いパフォーマンスに繋げる

それでは、4月当初に立てた目標をまずは確認。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




4月に掲げた理想の状態

定量目標と質量目標に分けて記載。

定量目標

PV数⇨20000pv

検索流入数⇨10000organic

検索表示数⇨245700回

記事数⇨9テーマ 30記事

質量

9テーマ30記事の内容

キーワード選定

結果(見込み)

PV数⇨2132pv(達成率10%

PV成長率→137%

検索流入数⇨841(達成率9%

検索流入成長率→130%

検索表示数⇨10654(達成率5%)

検索表示成長率→127%

記事数⇨30(達成率100%

量産記事→25記事(心理学、ライフハック、webマーケティング)

質量記事→2テーマ 5記事(思考記事)

4月にやったこと

今月の具体的な取り組みを週ごとに記録しておく。

1週目

①下記の7記事投稿

第一四半期振り返り

第二四半期計画

第二四半期積み上げ

JALマイルの貯め方

ANAマイルの貯め方

意図とは何か

いじめ問題について

2週目

①下記の5記事投稿

意図の意味

暴力映像と攻撃行動

妥当性について

質的研究について

インテーク面接

記憶に関する記事のキーワード見直し

サーチコンソールの情報をもとに、”記憶力・ヒント”でタイトルとメタディスクリプションを作成し直した。結果検索順位んが3位になったものの、どうやらニーズを満たせてない。早急に、「キーワード・高める・方法」(月間ボリューム 10-100)で再対策し、5月に備える。

④”で、本質って何なの?”のキーワードを見直し

46位→21位まで順位アップ。とはいえ、検索ボリュームが100-1000ある”観察力・洞察力”でも表示回数18回という少なさ。考えられる可能性は以下の通り①高順位の記事でニーズが満たされているためそれ以降のページに進まない。②高順位の記事でニーズは満たされていないが、それ以降のページに進まない。どちらにせよ、アクションとしては掲載順位を上げる必要があるが問題は、①このまま待っていれば、記事が上位表示されるのか、②記事のメタディスクリプションを変更すれば上位表示されるのか、③内容自体をブラッシュアップするのか、④新たな記事を作成するのか、取るべき選択肢は4つ。しかし、現状では打ち手が定まらない。なので、上位表示されている競合コンテンツと自身のコンテンツの内容を照らし合わせた上で決定すべき。

3週目

①下記の3記事投稿

意図が読めないとなぜ問題視されるのか?

質問の意図を考えたコミュニケーション

精神疾患患者と人権問題

②Google Adsenseの広告配置変更と追加

これまでは、サイドバーに1枚、ページ下に2枚(ダブルレクタングル)だったが、記事中に1枚追加で差し込んだ。まだ検証中であるため定かではないが、収益は増えてるように感じる。数字についてはまだ公表できるレベルに達してないため追々。また、アドセンス広告の挿入に伴い、先頭タイトルを、h3からh2に変更している。

4週目

①下記の13記事投稿

人間関係とは?

整理とは?

統合失調症

多変量解析

摂食障害

電話カウンセリング

標準化

PTSD

遊戯療法

尺度水準

ビネー式知能検査

気分障害

防衛機制

アイデンティティ

4月の気づきと学び

①メタディスクリプションを変更してから反映されるまで3-5日程かかる

②Simplicityでタイトルをつけるならh2に統一すべき(アドセンスを記事中に配置するため)

③更新目的の量産記事と、検索ボリューム獲得を目的とした質重視の記事を区別する

⑤サーチコンソールを使った記事のリライトなどは最低でも2週に1度はやるべき

⑥今月の取り組みをもとに、質重視のブログ記事作成スケジュールを見直す

⑦質量の記事については月間3テーマが限界

⑧情報収集が足りない(計画が無謀すぎる)

続きは下記から

【ブログ運営・反省】2018年4月②

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする