スポンサーリンク




“allintitle”を使ってGoogleに評価されるための方法

分析作業をしてたら、あることに気づいたので、ブログを投稿する前の検索キーワードの調べ方について僕の見解を記しておく。

この記事で最も伝えたいのは、allintitleが1桁のキーワードこそ弱者が狙うべきキーワードであるということ。あとはその詳細を肉付けするだけなので、目次にある”仮説としてのロジック”だけ理解してもらえたら、あとは読まなくてもいいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




2つの事例を振り返ってみる

具体的には、どういうことか?

僕のブログで最もアクセス数を稼いでる、2つの記事を使って話を進めたい。

概念化と抽象化について理解する

概念化と抽象化を理解する

コミュニケーションにおける目標設定

コミュニケーションにおける目標設定

添付した表が一体なんなのかと言うと、サーチコンソールからそれぞれの記事がどの様なキーワードで検索されているか、その上位10件を抽出したもの。

allintitle”、”intitle”、”その比率”、”順序”は僕が調べ追加した項目になる。allintitleとintitleについてはリンク先を参照してほしい。

共通点

2つの事例から言えることは、

①稼げる記事は検索経路を複数持っている

②稼げる記事には少なくとも2パターンある

パターンの1つはビッグキーワードで上位表示される様になるパターン。ビッグキーワードで上位表示されると、表示回数が多くなるので、クリック率が低くてもクリック数は多くなる。”概念化と抽象化を理解する”がこのパターンに該当する。

パターンの2つめはロングテールの経路が複数あり、そこで上位表示されているため、各キーワードでのクリック率が高いパターン。表示回数は決して多くないが、クリック率が高く、経路が複数あるため、結果クリック数も多くなる。”コミュニケーションにおける目標設定”がこのパターンに該当する。

③キーワードの獲得のされ方には順序がある

先ほどの表のピンク色に装飾した部分は、各記事で対策したキーワードを意味する。そして、もう一つ注目してほしいのが表の一番右にある”順序”の部分。

概念化と抽象化を理解する”では、一番目に対策したキーワードで上位表示され、その後”概念・抽象・違い”が上位表示され、最終的に”概念化”の一語で上位表示される様になったと考えられる。

一方、”コミュニケーションにおける目標設定”では、対策したキーワードが上位表示されるとほぼ同時に、その関連キーワードでも上位表示される様になったのではないかと考えている。

手順

以上を踏まえ、キーワードの選定を下記の通りに遂行するとある仮説が浮かびがある。

①自分が書こうとしてる記事のテーマからビッグキーワードを調べる

②関連キーワードを調べる

③関連キーワードからポテンシャルが10-100あるものを調べる

※(余裕があれば、100-1000も含めた方が良い)

④allintitleが2桁以下の検索キーワードを調べる(理想は1桁)

⑤その中で検索に引っかかったキーワードの中からintitleの値ができるだけ大きいものをターゲットとして決定する

⑥以上を踏まえ、競合サイトの内容を調査し、自分が書こうとしてる記事はそのテーマにあってるか?競合が満たせていないニーズを満たせるのか?を考える。

仮説としてのロジック

繰り返しになるが、この手順の中でallintitleの値こそ、最も重要な要素だと考える。重要なのは、allintitleとintitleの比率の大きさなどではない。

例えば、キーワード調査をしていて、以下の様なケースがあったとしよう。

①allintitle:intitle=500:5000000

②allintitle:intitle=1:400

この場合は、迷わず②を選ぶべきだと言いたい。比率基準で選ぶなら、①は”10000”で、②は”400″だから、①を選びたくなる様に思う。

しかし、僕の様な弱者は②を選ばなければならない。

なぜなら、”allintitleが1”と言うことは、つまり競合がいないということになる。競合がいないということは、対策したキーワードで表示が反映されれば、上位に上がってくるまでの時間を短縮してくれることにも繋がる。競合が少ないので。また、キーワード選びの段階でポテンシャルが10-100はあるキーワード選んでるため、月に最低でも10人はそのキーワードで検索する人がいるはずである。仮に10人だったとしても、そのキーワードで表示された時に1ぺーじ目に表示され、メタディスクリプションが検索者のニーズを捉えていれば、クリック率は上がる。それはGoogleの質的評価の対象となる。つまり、Googleが求める良質なコンテンツへと近づくわけだ。良質なコンテンツだと判断されれば、その関連キーワードでも上位表示されるのが早いと考えられる。それが好循環をうみ、稼げる記事に成長してくのではないかというのが僕の考察。

それゆえに、できるだけallintileの値が小さいキーワード選びをすることが最も重要なのだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

関連記事