虐待問題への対応

虐待について、その種類、原因、発見後の対応についてまとめてます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




児童虐待とは?

親あるいは、代理保護者の行為によって、児童の心身が危機にさらされること。種類としては以下の4つがある。

身体的虐待

身体に外傷が残る、あるいは残る恐れがある、生命の危険を伴う暴力行為。

心理的虐待

児童に対する暴言、拒絶的な対応など、児童に強い不安やうつ状態などを引き起こさせる言動。

性的虐待

児童にわいせつな行為をすること。また、児童にわいせつな行為をさせること。

ネグレクト

児童の心身の発達を損なう衣食住環境や医療環境を、長時間放置しておくこと。保護者としての責任を放棄している状態。このように、児童に対して何もしないことも虐待に含まれる。

虐待の原因

虐待の原因は、一義的に決定することはできないが、例として下記の様な項目がある。

世代間伝達

児童の頃虐待を受けると、親になった時に自分の子供に虐待をしてしまう可能性が指摘されている。これを世代間伝達という。

人間関係の希薄化

核家族化と地域社会の変化により、親が子供への接し方を他者に相談できず、結果として虐待に繋がる場合もある。

子供自身の特徴

発達障害を持つ子供や落ち着きのない子供は虐待を受けやすいなど、子供自身の特徴に起因する場合もある。

虐待への課題

虐待による児童の心身の危険があるため、児童虐待では早期発見・介入が重視される。児童虐待を受けたと思われる児童を発見した場合は、児童相談所に通告しなければならない。この時の通告義務は、守秘義務より優先されることが、児童虐待禁止法に規定されている

スクールカウンセラーの対応

以上を踏まえて、スクールカウンセラーの立場から虐待を受けている児童本人や学校側との連携について考える必要がある。

学校側への対応

学校側が的確な判断をするために、教職員とは違った立場や専門的な視点から物事を捉え、それを学校組織にうまく還元することである。

援助者は、様々な事情から、身動きが取れない状況が考えられる。つまり、子供に援助が必要であると理解しつつも、有効な接近方法や事態の改善のきっかけがつかめない状態に置かれる。また、受容的な態度を続けることだけでは、虐待状況が改善しないというジレンマに立たされる等、児童虐待問題にかかわる援助者の精神的負担は大きい。故に、学校現場で日々児童や保護者に関わる教職員を支え、エンパワーメントすることがSCには求められる。

児童への対応

児童や保護者に対する継続的なカウンセリング。臨床心理学的知見から、子供の心情や実情を理解し、子供の生活を支えていくことができ、かつ子供を取り巻く周囲にも、問題の背景への理解を促すことができる。

また、様々なリソースを把握しておくことで、外部機関との連携の一旦を担うことも可能。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする