電話カウンセリングサービスの役割や意義

電話カウンセリングサービスのメリット、デメリットとその意義についてまとめました。

電話カウンセリングとは、その名の通り、電話を通じてカウンセリングを受けることのできるサービスです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




メリット

・場所を選ばない(自宅にいながら相談できる)

・匿名で相談できる(顔を見せずに相談できる)

・対面のカウンセリングに比べ敷居が低い

・いつでも相談できる

デメリット

・非言語から得られる情報量がカウンセリング比べ少ない。

・インテーク面接などがなく治療契約が結べない。

電話カウンセリングの意義

以上を踏まえ、電話カウンセリングの意義を2点ほど示す。

第一に、電話カウンセリングには、先にあげた匿名で相談できるというメリットがあります。顔を見せずにカウンセリングすることができるため、安心感が生まれ、対面でのカウンセリングは敷居が高いと感じる人も利用しやすくなります。それ故に、電話カウンセリングの意義の1つに、カウンセリングへの心理障壁を取り除くことがある。ただし、顔が見える方が安心できるという相談者もいるため、使い分けを心がける。

第二に、電話カウンセリングには、時間や場所に縛られないといったメリットがあるため、カウンセリングを受けたいが、十分な時間を確保できない相談者や、あるいは、地方に住んでいて、近くにカウンセリングサービスがない相談者に対してもなどにも実施が可能である点があげられる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする