スポンサーリンク




質的研究と量的研究の比較

質的研究と量的研究

質的研究と量的研究の違いおよび、それぞれの短所とそれを補う方法についてまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




質的研究とは

質的研究とは、主に観察法や面接法を用いて、記述的なデータを収集し、言語的・概念的な分析を行う研究法のこと。入手したデータを数量化することはせず、仮説生成を目的としておこなわれることが多い。これは事例研究と同様である。

質的研究の長所

容易に数値化することのできない多様な現象を明らかにすることができる。

質的研究の短所

質的研究のデメリットとしては、研究者の主観が入りやすいことと、少数事例を扱って仮説生成をするために、結果の普遍性に疑問が残る点が挙げられる。

量的研究とは

一方で、量的研究とは、主に実験法や調査法を用いて数量的なデータを収集し、統計手法を用いて変数間の関係を明らかにする研究法のこと。仮説検証を目的として行われることが多い。

量的研究の長所

統計的な分析に基づいて、客観的な解釈が可能である。

量的研究の短所

量的研究のデメリットとしては、少数事例に対する研究ができないことや、数量化することが困難な変数は研究対象から無視される傾向がある。

それぞれの研究の欠点を補う方法

それぞれの欠点を補うためには、質的研究と量的研究を組み合わせて実験を行う必要がある。具体的には、質的研究を用いて、個別の事例の詳細を調べ、仮説を生成し、その仮説を量的研究で、数量的・客観的に検討することが重要である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

関連記事