投影法(projective technique)

投影法

投影法についてのまとめ記事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




定義

投影法とは、曖昧で多義的な刺激に対する被検査者からの自由な反応を得て、それを分析することで被検査者の性格特徴を把握しようとする性格検査の総称。

投影法の利点

投影法の利点は以下の通り。

①回答バイアスが生じにくい

検査の意図が読み取られにくいため、自分をよく見せようとしたり、虚偽や誇張をしたりすることが困難で、回答のバイアスが生じにくい。

②無意識的側面を測定できる

被検査者の自由な反応に無意識的な側面が反映されていると考える。そのため、質問紙法では明らかにない無意識の側面の性格特徴が明らかになる。

投影法の欠点

投影法の欠点は以下の通り。

①検査者の熟練が必要

投影法の実施・結果の解釈には熟練が必要とされる。検査者の熟練によって検査結果が左右される可能性がある。

②検査者の主観が入りやすい

解釈に検査者の主観が入るため、検査者による解釈の違いが生じやすい。主観を廃するための判定基準に関しても、判定の根拠が薄弱なものが多い。

③集団実施が困難

基本的に検査者と被検査者の1対1で行うことが多い。

④被検査者の負担

被検査者は何を測られているかわからないため、不安を抱きやすい。選択肢ではなく、自由な回答を求められるため、心理的な負担も大きい。

⑤言語能力に依存

反応として言語報告をするものが多いため、投影法で被検査者に一定の言語能力が必要となる。

投影法の代表例

投影法の代表例には以下のようなものがある。

ロールシャッハ・テスト

ロールシャッハが開発したテスト。左右対称のインクの染みが何に見えるか答えてもらい。その反応内容を分析するテスト。図版は白黒5枚、カラー5枚。判定方式としては、包括システムが普及しているが、日本では伝統的に片口法という判定方式が用いられることも多い。これは、片口安史(かたぐちやすふみ)がロールシャッハテストを用いた心理診断のための解析方法を確立したことによる。

TAT(主題統覚検査)

主題統覚検査は、マレーとモーガンが開発した。絵から自由に物語を創作してもらい、創作された物語の主人公の行動に被検査者の欲求が、主人公の周囲で起きる出来事に被検査者が環境から受ける圧力が、それぞれ反映されていると考える。(欲求ー圧力理論

P-Fスタディ

ローゼンツァイクが開発した。欲求不満場面が描かれたマンガのような絵の吹き出しに、自由にセリフを書き入れてもらい、それを分析する。

SCT(文章完成法)

不完全な文章が提示され、その文章の続きを完成させる検査。投影法ではあるが、意識的な側面が反映されやすい。また、回答の歪みが生じやすいなどの特徴がある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする