スポンサーリンク




注意欠陥多動性障害(ADHD)と学習障害(LD)

学習障害

発達障害のうち、全体的な機能や能力は年齢相応であるにも関わらず、読み書きや運動など部分的な能力や機能で著しい遅れが見られる障害を、特異的発達障害と言う。

注意欠陥多動性障害および学習障害は、その下位分類に該当する疾患である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




注意欠陥多動性障害(ADHD)

特異的発達障害の1つで、不注意、多動、衝動性という行動上の3つの特徴を持っている。

不注意とは、1つのことに注意を向けることができずに気が散りやすいこと。

多動とは、じっとしていられずに不適切な状況で走り回ったりする。

衝動性とは、順番や適切なタイミングを待てなかったりする。

原因は、先天的な脳の機能障害だと言われている。

DSM-5における留意点

発症時期が7歳以前から、12歳以前に変更された

・ ASD同様に、神経発達症に含まれる

自閉症スペクトラムと注意欠陥多動性障害(AD/HD)の併存がどうやら認められたらしい・・・・

二次障害

ADHDのの子供達は、そうでない子供達に比べると、褒められる機会が少なく、叱られる機会が多くなりがち。そのため、二次的に生じた心理的問題への気づきや解決を目的に心理用法が行われる場合がある。

二次的障害には、気分障害や不安障害などがある。

治療・介入

多動・不注意の症状を軽減する薬物の処方がある。以前までは、リタリン(メチルフェニデート)が適応外処方されていたが、2007年より、原則18歳未満のAD/HDを対象にコンサータが適用されるようになった

薬物療法と並行して、行動療法を用い、適応行動を学習させていく。

また、ADHD児は日常的に失敗が多く、劣等感を抱きやすい。そのため、親への心理教育や、教師へのコンサルテーション特別支援教室などを用いて児童が生活しやすい環境を整えていく必要がある。

学習障害についてのまとめ。

神経性発達症のうち、全体的な機能や能力は年齢相応であるが、読み書きや運動など一部の機能や能力に発達の遅れが見られる障害を、特異的発達障害という。

特異的発達障害の代表例には、注意欠陥多動性障害とこの学習性障害がある。

学習障害とは

全般的な知的能力に遅れはなく、平均的なIQを示すが、読む・聞く・話す・書く・計算するなど、ある特定の学習能力に著しい困難を示す障害のこと。そのため、”読めるが書けない”、”書けるが話せない”ということが起こる。

また学習障害は、以下のように分類される。

ディスグラフィア

ディスグラフィアは、文字を書くことが困難な障害であり、限局性学習障害に区分される。綴字の困難さ、文法と句読点の正確さ、書字表出の明確さ、または、構成力といった書字表出の障害を伴うもの。

ディスレクシア

知的能力の低さや勉強不足なわけではないにも関わらず、文字の読み書きに困難を示す障害。二次的に、読み書きの機会が減少することから、語彙や知識背景獲得の妨げにもなる。特に”読字”に限局する症状を示すタイプの限局性障害として扱われる。

ディスカリキュア

知的能力の低さや勉強不足なわけではないにも関わらず、算数や数学などの計算を必要とする能力に困難がある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

関連記事