Learning Disorder(学習障害)

学習障害

学習障害についてのまとめ。

神経性発達症のうち、全体的な機能や能力は年齢相応であるが、読み書きや運動など一部の機能や能力に発達の遅れが見られる障害を、特異的発達障害という。

特異的発達障害の代表例には、注意欠陥多動性障害とこの学習性障害がある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




学習障害とは

全般的な知的能力に遅れはなく、平均的なIQを示すが、読む・聞く・話す・書く・計算するなど、ある特定の学習能力に著しい困難を示す障害のこと。そのため、”読めるが書けない”、”書けるが話せない”ということが起こる。

また学習障害は、以下のように分類される。

ディスグラフィア

ディスグラフィアは、文字を書くことが困難な障害であり、限局性学習障害に区分される。綴字の困難さ、文法と句読点の正確さ、書字表出の明確さ、または、構成力といった書字表出の障害を伴うもの。

ディスレクシア

知的能力の低さや勉強不足なわけではないにも関わらず、文字の読み書きに困難を示す障害。二次的に、読み書きの機会が減少することから、語彙や知識背景獲得の妨げにもなる。特に”読字”に限局する症状を示すタイプの限局性障害として扱われる。

ディスカリキュア

知的能力の低さや勉強不足なわけではないにも関わらず、算数や数学などの計算を必要とする能力に困難がある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする