スポンサーリンク




摂食障害の種類

神摂食障害の特徴、原因、症状、介入、その種類についてまとめてます。

接触障害は、ボディイメージの歪みと食行動の異常を示す障害であ、神経性無食欲症と神経性大食い症に分類されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




原因

原因は、社会的風潮とストレスだと言われており、その症状は、神経性無食欲症と神経性大食症に分類されます。

神経性無食欲症(Anorexia Nervosa)

神経性無食欲症とは、標準体重の85%以下にも関わらず、痩せようと思うことで、制限型と排泄型の2種類がある。

特徴として、病識が薄く、集中力の低下や疲れやすさ、低血圧や月経周期の異常などは、体重減少が原因であることに気づけないことが多い。

体重が減少している時期には、脳画像診断で脳の萎縮が見られることが多い

制限型

節食や絶食により大食いを伴わない。

排泄型

隠れ食いや大食いをして、下剤や自己誘発性嘔吐で体重を維持しようとする。制限型に比べ、精神的な負担が強く、自殺企図が起こることもある。

神経性大食症(Bulimia Nervosa)

一度食べたら止まらなくなり、食をコントロールできなくなるのが特徴。排泄型と非排泄型に分類される。身体症状として、便秘や月経異常があらわれる。一方、食をコントロールできないことから自己嫌悪や抑うつ状態などが、精神症状としてあらわれる。

排泄型

自己誘発性嘔吐や、下剤や浣腸の使用を伴う。

非排泄型

絶食や過剰な運動を行う。

援助

心理教育、認知行動療法、入院(自殺企図が強い場合)、家族療法などがある。

BMI指標

軽度: 17-18.4

中等度: 16-16.9

高度: 15-15.9

最重度: 15未満

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

関連記事