集合的無意識(Collective unconscious)

集合的無意識

集合的無意識についてのまとめ記事。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




集合的無意識(Collective unconscious)とは

集合的無意識とは、ユングの分析心理学における中心概念で、人類が普遍的に持つ無意識のことである。ユングは、世界各地の神話に共通する内容があり、それは集合的無意識が存在するからだと考えた。集合的無意識に存在する心的イメージは元型(アーキタイプ)と呼ばれている。

元型(アーキタイプ)の代表例

アニマ・・・男性が持つ、女性的な側面

アニマス・・・女性が持つ男性的な側面

老賢人・・・父なる存在。権威、倫理、秩序を表す偉大なる存在。

グレートマザー・・・母なる存在。愛情や成長を表す慈悲なる存在。

ペルソナ・・・仮面。社会に表出してる適応的な側面。

シャドウ・・・影。社会に表出していない否定的な側面。

新フロイト派

フロイト以降の精神分析学派で代表的な人物を紹介しておく。

新フロイト派は、社会的・文化的要因を重視した精神分析学派である。治療における患者と治療者の関係性を重視し、「関与しながらの観察」を提唱したサリヴァン「自由からの奔走」を提唱したフロムが有名である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする