スポンサーリンク




認知症とは

認知症

スポンサーリンク
スポンサーリンク




認知症の定義

”認知症とは、一度正常に達した認知機能が後天的な脳の障害によって持続性に低下し、日常生活や社会生活に支障をきたすような状態を言い、それが意識障害のないときに見られる”とある。(DSM-IV-TR)

 DSM-IV-TRの診断基準

診断基準には、 ”ICD-10”や”DSM-Ⅲ-R”による診断基準があるが、ここでは、定義に揃えてDSM-Ⅳ-TRを採用する。以下がその要約。

特に頻度が高い認知症がアルツハイマー病。

A.多彩な認知機能の発現。以下の2項目がある

①記憶障害(新しい情報を学習したり、以前に学習した情報を想起する能力の障害)

②次の認知機能の障害が1つ以上ある

・失語

・失行

・失認

・実行機能の障害

B.機能の低下

上記の機能障害は、その各々が、社会的または職業的機能の著しい障害を引き起こし、また、病前の機能水準からの著しい低下を示す。

C.症状の持続

その欠損はせん妄の経過中にのみ現れるものではない。

これらが診断基準であるとともに、認知症の症状を示している。

代表疾患(認知症の原因)

認知症をきたす代表疾患には次のようなものがある。原因疾患と言い換えることができる。

ただ。認知症には様々な種類があり、原因も異なるが、多くの場合、異常な蛋白質の産生や蓄積により脳細胞が死滅し、障害が起きることに起因している。

中枢神経変性疾患

アルツハイマー病レビー小体型認知症/パーキンソン病などが代表的。この2つを押さえておけばいいと思うが、他にも、進行性核上性麻痺、前頭側頭型認知症etcがある。

血管性認知症

脳出血性多発性梗塞性認知症、慢性硬膜下腫瘍、小血管病変性認知症などがある。ここも、脳出血と脳梗塞が関与してる点を把握しておけばいいと思う。

その他

他にも詳細を挙げるとキリがないが、脳腫瘍、正常圧水頭症、頭部外傷、神経感染症、臓器不全および関連疾患、内分泌機能異常症などが認知症の原因に関与している。

認知症の種類

認知症にはいくつか種類があるが、多くは、以下の通り。

・アルツハイマー型認知症(60%)

・脳血管性認知症(20%)

・レビー小体型認知症(10%)

・その他(10%)

脳への影響と主な症状

アルツハイマー型

 (60%)

 脳血管性型

 (20%)

 レビー小体型

 (10%)

脳への影響海馬を中心に脳の萎縮が見られる脳の壊死が確認できる  はっきりとした脳の萎縮はない
症状・認知機能障害

順向性健忘

逆向性健忘

・物盗られ妄想

・徘徊

・まだら認知症

・手足の痺れ

・感情コントロールの困難

・認知機能障害

幻視、妄想

・うつ状態

・パーキンソン

経過記憶障害から始まり広範な障害へ徐々に進行する原因となる疾患によって異なるが、比較的急に発症し、段階的に進行することが多い。調子の良い時と悪い時を繰り返しながら進行する。急速に進行することもある。

特に頻度の高いアルツハイマー型は補足を加えておく。

海馬の障害からはじまり、新しい情報が記憶できなくなる順向性健忘と、進行と共に大脳の萎縮が起こると、過去の障害が目立つようになる逆向性健忘がある。

アルツハイマーは、老化にともなう物忘れとは区別される。

例えば、物忘れの場合、食事したことは覚えているが、どこに行ったのかは思い出せない。(想起・検索の困難

一方で、アルツハイマーは食事に行ったこと自体を覚えてない。(記名・保持の困難

このように、出来事そのものを忘れてしまう場合は、アルツハイマーが疑われる。

認知症に似た症状を有する疾病

・クロイツフェルト・ヤコブ病(プリオン病)

感染症に分類される。

・アルコール認知症

コルサコフ症候群もここに分類される。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

関連記事