スポンサーリンク




第三世代の認知行動療法(CBT)

認知行動療法について概論的な説明を残しておきます。歴史的なこと(第一世代の認知行動療法〜第三世代の認知行動療法について)も書いたので、全体像の理解にお役立てください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




認知行動療法とは

認知行動療法とは人間が、刺激⇨認知⇨行動といった一連の情報処理を行うと考え、その認知を変える事で行動を修正しようとする心理療法を言う。

第三世代の認知行動療法

現在の認知行動療法は1990年代頃に登場した、新しい認知行動療法の流れを指し、第三世代の認知行動療法に当たる。マインドフルネス療法アクセプタンス&コミットメントセラピー(ACT)弁証法的認知療法メタ認知療法などがある。

特に、マインドフルネスとアクセプタンスを重視することが全体の共通点である。

マインドフルネスとは心の動きへの気づきを意味し

アクセプタンスは”今ここ”の心の動きを判断を介せず受け取ることであり、人間性心理学の考えや東洋的思想にも反映されている。

これらは、第三世代の認知行動療法とされ、行動療法と認知療法の良い側面を統合していることが大きな特徴となっている。

第一世代 行動療法

1950年代の学習理論による行動療法が第一世代にあたる。認知行動療法の始まりは、行動療法であり、例えば、行動活性化法などがある。ただし、行動療法は刺激と反応のみに焦点を当てていたため、認知は当初注目されていなかった。しかし、バンデューラの社会学習理論が台頭し、刺激に対する個人の”解釈”が重視されるようになった。その結果、刺激と反応の媒介要因として、直接観察することができない”認知”を取り入れることで、第二世代へと繋がっていく。

第二世代 認知療法

1970年代の認知療法と行動療法が融合が第二世代。

第一世代の発展を受け、認知再構成法や、合理情動行動療法(REBT)などが発展する。認知療法は、ベックやエリスによって提唱され、抑うつの原因が、否定的な認知であり、それが悩みに繋がるという、ABC理論に依拠するものであった。それは、つまり、第一世代にはなかった”認知”を強調するものだった。しかしながら、臨床の場では行動療法の枠組みや技法を取り入れている事実が強調され、第三世代の認知行動療法へと繋がっていく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

関連記事