箱庭療法とクライエント中心療法

心理療法の中から、箱庭療法とクライエント中心療法を取り上げまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




箱庭療法(sand play therapy)とは

箱庭療法とは、クライエントが自由に箱庭を作ることで自身の内的世界を表現する心理療法のこと。

1929 年、ローエンフェルト(イギリス人)が発案。 その後、ユングの分析心理学の考え方を導入し、カルフが心理療法として発展させた。日本へは河合隼雄氏が1965年に導入した心理療法。

箱庭を作ることで、クライエントは、自身の内的世界を表現することができ、カタルシス効果を得ることができる。カタルシス効果とは、自身の内的感情を表現することで、安堵感や安心感を得ること。また、自己治癒力の発揮も期待される。

箱庭の特徴

木製のこの箱の大きさは、幅が72センチ、奥行き57センチ、高さが7センチ。これは、「腰の高さで置いた時にちょうど全体を見渡せる大きさ」を設計して作られている。

禁忌

芸術療法は、自己侵襲性が高いため、精神病レベルの患者は、内的世界が大きく揺さぶられる可能性があるため、基本的には使用しない。

その他芸術療法

芸術療法には、防衛機制の”昇華”の役割があり、他にも以下のような技法がある。

コラージュ療法

コラージュ療法とは、雑誌や新聞の切り抜きを台紙に貼り、コラージュ作品を作っていくこと。

風景構成法

風景構成法とは、治療者の指示に従い、画用紙に風景を描く方法。中井久夫が提唱した。

スクイッグル法

スクイッグル法とは、サインペンでなぐり書きを行う方法。

クライエント中心療法(Client Centered Therapy)

クライエント中心療法とは、ロジャースが提唱した非指示的な心理療法のこと。

あいづち、おうむ返し、要約を主な技法とするため、感情の反射を重要視し、クライエントが用いた言葉をそのまま返し、言い換えることは控えるという説明がで回ってたらそれは間違いだ。気をつけてほしい。

自己概念

自己概念とは、自身が抱く自己像のこと。

経験

経験とは、自身が実際にした体験のこと。

自己一致

自己一致とは、自己概念と経験の重なり部分のことで、重なった領域が大きいほど、適応的であると言える。逆に、不適応状態のクライエントは、この重なり部分が小さいと言える。

自己実現傾向

自己実現傾向とは、不適応状態にある人も、自己概念と経験を一致させようとすることを意味し、この実現傾向は、適切な態度を揃えたカウンセラーと関係を築くことで実現可能だと言われる。

関係を築くためのカウンセラーの適切な態度

カウンセラーがクライエントと適切な関係を築くためには、共感的理解、無条件の肯定的配慮、自己一致の3つが必要と言われる。

共感的理解(empathy understanding)

共感的理解とは、クライエントの内的世界を、あたかもクライエント自身であるかのように感じること。

無条件の肯定的配慮(unconditional positive regard)

無条件の肯定的配慮とは、クライエントのどのような側面にも偏りなく、肯定的かつ積極的な関心を向けること。

自己一致(congruence)

カウンセラー自身が自己一致した状態にあること。

自己一致に向かうプロセス

以上の様な態度を備えたカウンセラーと関係を築くことでクライエントは、自己一致に向かう。自己一致に向かうためのプロセスには、自己洞察、自己受容、自己一致がある。

自己洞察

自己洞察とは、ありのままの自己と自身の問題に気づくこと。

自己受容

自己受容とは、ありのままの自己と自身の問題を受け入れること。

自己一致

より自己一致した状態に近くこと。

以上のプロセスを経て十分に昨日した人間に近くことができる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする