スポンサーリンク
スポンサーリンク




系統的脱感作法を用いた脱あがり症 

緊張や不安をどうにかしたい場面って、生きてると必ずある。就職面接、顧客へのプレゼン、社内スピーチ、飛び込み営業、女性とのデート、知らない人との会話など人によっては様々な場面があるだろう。不安や、恐怖、怒り、悲しみ、そういう感情に支配されれてしまうと、本来自分が持っている力を十分に発揮することができずせっかくのチャンスを逃してしまうことにもなり兼ねない。

【書評】冷泉彰彦 / 関係の空気・場の空気

冷泉彰彦著者、関係の空気・場の空気について要約と考察を記事にしました。 冷泉氏の空気に対する主張は、”日本語”が空気の形成に大きく関わってると主張する。例えば、1つの流行語が生まれることで社会の全体に濃厚な空気が伝染していくことや、会議などで力を持った人物の一言がその場の空気を支配することがよい例だそうだ。冷泉氏は、外国人に日本語を教えた経験から、その”ぼかし”表現をきっかけに空気に関心を持ったのだという。例えば、授業内で「今日から宿題を一つ増やします」というと、「それはちょっと」という風に、「甘えの空気」が生まれるだのそうだ。ここでいう”ぼかし”とは、「ちょっと」という表現であり、このような日本語の独特の表現が空気を形成しているのでは?と考えるに至ったようだ。

世知辛い世の中にドロップキック

『なぜ、こんなにも世知辛い世の中なのか?』ちなみに世知辛いとは以下の通りです。 世渡りがむずかしい。暮らしにくい。(引用:コトバンク)少なくともこの記事を訪れた方は、人生にそのわだかまりを心に抱えてた人だと思います。かく言う僕もその1人。そこで今回は、その要因を生みだしている、社会と個人の摩擦および、その際に生じる”空気”について考えてみました。本記事は、『価値観の不一致』の内容を前提にしてますので悪しからず。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク