スポンサーリンク




上海を観光する際の注意

空港

上海で下見旅をした経験から、観光に行く前に知っておくべきことを記事に残しました。知らない土地に行くときは興奮がある反面、漠然とした不安が付きまとったりもします。故に、”何に注意をすべきか?”その対象を明確にして、不安を解消できるようにしてほしいと思います。準備するもの、観光スポット、レストラン、移動手段、文化形成etcをご紹介しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ネット環境

上海に限らず、中国を訪れる際に最優先で準備する必要があるのがこれです。なぜなら、中国は情報規制が厳しく、グレートファイアーウォールなるものが存在するからです。グレートファイアーウォールが何かという説明はリンク先に譲るとして、この壁の存在により中国では、グーグル、マップ、フェイスブック、Teitter、Instagram、LINE、などのウェブサービスやSNSが使えないのです。

ではどうすればいいのか?

その方法をここでは紹介していきます。

香港simを使う

simフリー端末を持っているのであれば、これが最善策だと言えます。下記のsimカードを取り寄せて、現地で差し替えればそれで完了です。

ポケットWifi+VPNを使う

この手法が第二選択になります。具体的には、ポケットwifiを空港でレンタルします。しかし、このままでは、現地でネットを使うことはできますが、simカードの様にグーグルetcを使うことができません。そこで、vpnアプリをダウンロードして、設定を完了します。僕は当時、この方法でグレートファイアーウォールを突破したけど、やっぱりsimカードが一番楽なので、そちらをオススメする。

ポケットWifi+中華系のアプリを活用する

これが最終手段となる。先ほど同様に、ポケットwifiをレンタルして、中国の検索エンジンである百度(バイドゥ)やチャットの手段はwe chatをダウンロードして使う方法である。地図も百度地図を使うことになります。ただし、直感的な使いづらさはやはり否めないため、上の2つの方法のリスクマネジメントとして、中華系アプリを準備しておくのが望ましいと言える。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

関連記事



AMP用の関連コンテンツ