スポンサーリンク




【マイル蓄積術】ポイントカード編

前回は、電子マネーとその管理術についてご紹介しましたが、マイル移行が可能なポイントカードをご紹介します。ポイントカードの選定基準は①生活の中で使用頻度が高いかどうか、②マイルに移行可能かどうかです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




Tポイントカード

言わずもがな、最も普及率が高いであろうカード。TSUTAYA、三井のリパーク、ファミリーマート、ドトールコーヒー、吉野家、ガスト、ENEOS、yahoo、ドラッグイレブンなど、至る所で使えますね。最近では、ヤマト宅急便でも導入されました。こちらは、お店によって異なる場合がありますが、基本は200円=1ポイント貯まり、ANAマイルに、2ポイント=1マイルで移行することができます

買い物にもマイルとしても活用できるので、貯めておいて損はありません。

ポンタポイント

こちらは普及率でTポイントカードに劣るかもしれませが、ローソンやシェル石油、ルートインホテルで使えます。こちらもポイント付与はお店によって異なりますが、基本100円=1ポイント溜まり、JALマイルに2ポイント=1マイルで移行できます。

買い物にもマイルとしても活用できるので、貯めておいて損はありません。また、ホットペッパーやじゃらんなどとも連動してるので、美容室や宿泊にも使うことができ、幅広く利用できます。

楽天ポイント

楽天ポイントもかなり浸透してるように思います。サークルK、マクドナルド、ミスタードーナツ、プロント、空港などで活用可能。100円=1ポイント溜まり、ANAマイルに2ポイント=1マイルで移行できる。

Tポイントやポンタポイント同様に買い物にも利用できるので、貯めておいて損はない。

バーコードアプリで一元管理

以上のカードを持ち歩くと、財布がかさばってしまうし、電子マネーもカード類で使ってると大変なことになる。しかし、ここで紹介したカードは全てアプリとしてスマホに収納することが可能。アプリを開けばあとはバーコードを提示してカードの代わりに使うことができます。電子マネーもスマホで管理している方なら合計7枚分のカードを集約できるのでかなりオススメできます。

Tポイントアプリ

ポンタポイントアプリ

楽天ポイントアプリ

その他ポイントカード

最後に、使用頻度は高くないですが、マイルが貯まるポイントカードを紹介します。

①タイムズクラブカード

駐車場のポイントカードです。JALマイルが溜まります。

②dポイントカード

こちらもJALマイルが溜まります。使える所は増えてきたように感じますが、楽天ポイントやポンタポイントと被りが多いので使用頻度が低いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

関連記事