スポンサーリンク




ヒルドイドのもらい方・処方してもらう方法について

ドライスキン

ヒルドイドとは何か、もらい方や処方してもらう方法、値段、選ばれる理由、市販で扱われているヒルドイド同様にヘパリン類似部室を含んだおすすめの医薬品を、最後に紹介してます。

僕が乾燥肌ということもあり、長年愛用させてもらってる”ヒルドイド”。男女ともに気に入ってもらえること間違いないが、注意事項もあるためその点もしっかり理解した上で選択ほしい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ヒルドイドとは

ヒルドイドは、医師の診断をにより受け取ることができる処方箋医薬品のこと。つまり、市販での購入は不可能。適応は、皮脂欠乏症である。皮脂欠乏症と言うと、なんのこっちゃとなるが、皮膚の乾燥と捉えて頂いて差し支えないし、市販で売られている乳液と同じ使い方なのだ。

ヒルドイドが重宝される理由

この理由は2つある。

1つは、ヒルドイドに含まれる”ヘパリン類似物質”に吸水・保水作用があるからだ。砂鉄に磁石を近づけると吸い付くようなイメージだ。この作用により、ヒルドイドを塗布した部分に水分が保湿される。そして、この吸水・保水が乳液に比べ格段に高い。

2つめは、血管拡張作用により、水分量が増加するからだ。これは、血液の通り道が広がれば、当然ながら、血液量は増加する。そして、血液の90%が水分だ。すなわち、水分量が増加すると言うことである。そして、この作用は乳液にはない

つまり、吸水・保水および、水分量の増加の2本柱により、市販の乳液にはないバツグンの保湿効果を発揮してくれるわけだ。

タイプ(剤形)

それと、ヒルドイドには、ローション、クリーム、ソフト軟膏が存在する。基本的にこれらのタイプは、いずれも”フタ”をする役割があるのだが、フタの強度に違いがある。

フタというのは、つまり、水分が蒸散するのを防ぐ意味があり、ヒルドイド本来の効果に加え、このタイプの違いがそれらを促進してくれるのだ。

そして、このフタの正体は、油である。この油は、クリーム>ソフト軟膏>ローションの順に油を多く含んでいるのだ。(最近は、ゲルタイプとフォームタイプもある模様)つまり、この順に、蒸散を防ぐ効果が高いということになる。

しかしながら、「だったら油が多い方がいいじゃないか」と飛びついてはいけない。人には個人差というものがあるからだ。つまり、あなた自身が脂性の肌なのであれば、必要以上に油塗りくることになる。油が毛穴に詰まることはニキビの原因にも繋がるため、自分にあったタイプを選ぶべきだろう。塗布部位にもよるのだがよっぽどの高齢でなければ、ローションで十分だと思う。

ちなみに、先発品にはないが、ジェネリック医薬品には、スプレー剤形なるものがある。メーカーの謳い文句は、”広範囲に簡単に塗布できる”ことであるが、僕は、夏場に使うのが気持ち良いのでおすすめしたい。

もらい方・処方してもらう方法

冒頭に伝えたが、ヒルドイドは、処方箋医薬品だ。使いたいなら、クリニックや病院でドクターに処方してもらう必要がある。どの診療科でも知らないドクターはいないと思うが、内科or皮膚科が確実だろう。ただし、僕はヒルドイドだけを処方してもらうためにクリニックに行ったことはなくて、ニキビや、花粉症、風邪の診療をもらいに行くときに、ついでにもらっている

ニキビの場合、何も言わずとも処方してくれる先生もいるのだが、それ以外の時は、先生にヒルドイドが欲しい旨を要求する必要がある。

具体的には、

夏だったら、「クーラーのせいで、朝起きたら肌がカサカサで・・・・」

とか、

冬場だったら、「この時期になると肌がすごく乾燥して・・・」

とかその程度で処方してもらえるはずだ。というか僕はもらえてる。

美容目的の処方はNG

1つだけ注意点。

ヒルドイドが市場に出回りすぎてしまったためだろう。ヒルドイドを美容目的で処方するのはNGである。ただ、僕はこのニュースを目にした後も、問題なくヒルドイドは処方してもらえている。ドクターの話によると、過剰な処方が問題になっているようなので、適切な人に適切な量だけの処方なら問題ないとのこと。何より、処方しすぎた場合は、医療機関側が目をつけられるため、量については向こうでコントロールしてくれるだろう。

何にせよ、美容目的はNGなので、処方してもらう際はくれぐれも自己責任でお願いします。

価格

薬価サーチで検索すると、

ゲルタイプ以外は、22.20円/g(H30・4月以降)。薬価改定があったため、多少安くなってますね。50g入りで計算すると、1110円/本。保険適応により3割負担であるため、患者の負担は、333円/本となるわけです。安いですね。

市販で購入できるヘパリン類似物質を含む医薬品

とはいえ、クリニックや病院に行く用がない方にはあまりオススメできません。というのも、その場合、初診料や再診料で割高になる可能性があるからです。この費用はクリニックや病院によって違いますが、ヒルドイドのためだけに足を運ぶのは割に合わないでしょう。

ですので、最後に、市販で購入できる”ヘパリン類似物質”を含んだ、おすすめの医薬品を紹介しておきます。

グラクソ・スミスクラインのHPローションです。剤形がクリームもあり好きな方を選べます。病院に行くと待たされることが多いですし、セルフメディケーションが推進されている近年では、第二類医薬品がありがたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

関連記事