スポンサーリンク




【絶景】たまて箱温泉

たまて箱温泉たまて箱温泉2たまて箱温泉3

行き当たりばったりで行った、日本一の日帰り絶景、ヘルシーたまて箱温泉への旅行記を記録に残しました。田舎だけあって、凡ミスすると時間もお金も無駄に消費することになるので気をつけるべし。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




山川駅か指宿駅で下車

たまて箱温泉に行くには、JRとバスを利用するわけですが、必ず山川駅か、指宿駅で下車し、そこからバスに乗るべし。マップを確認すると、一見”大山駅”が一番近いですが、そこからはタクシーか徒歩以外に到達手段がありません。歩くと40-50分はかかります。近くに食堂があったので、そこでおばちゃんに聞きましたが、僕と間違いをする観光客は多いとのこと。絶対に”大山駅”で降りてはいけません

大山駅大山駅2指宿指宿

定休日は木曜日

こんな初歩的なミスをする人誰もいないとは思いますが、定休日は木曜日です。それにしても僕は運が悪い。週6営業で、まさか週1の休みに当たるとは。

ちなみに営業時間は、9:30-19:00です

温泉保養館には行くな

目的は露天風呂に行くことだったわけですが、実はその露天風呂に向かう途中に室内風呂があります。それが温泉保養館なわけですが、そこはまた別物なので素通りしましょう。普通に誰も教えてくれなくて、チケット購入してしまいました。

最悪、田舎やに泊まれ

僕は、木曜日に行ってしまったので、帰るか帰るまいか迷っていたのですが、これを逃したら一生こない気がしたので、意地でも入るため一泊することにしました。それが田舎や。たまて箱温泉から徒歩圏内にある上に、一人で宿泊しようが、複数人だろうが価格が変わらないことは大きなメリットです。ちなみに、市内に戻るならリトルアジアが格安で泊まれる上に駅チカなのでおすすめ。

やぎ猫肩乗り猫
ヤギとか猫とかいます。

温泉から一望できるのは桜島ではない

最後のはどうでもアクセスと関係ないですが、鹿児島のイメージで騙された感があるので一応。あれは、開聞岳(かいもんだけ)です。

この写真に騙されました。

桜島ではない

とまあ、以上ですが、どれも事前に調べればわかることなのですが、僕の様にいきあたりばったりで物事を決めてしまう人はご参考まで。教訓として残しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

関連記事