スポンサーリンク




【ENEOS・飲食店】マイル(ポイント)二重取り・三重取り

今回は、ENESOおよび飲食店でマイル(ポイント)二重取りないし、三重取りする方法と、そのためのクレジットカード、ポイントカード電子マネーの使い分けをご紹介します。

ENEOS

エネオスでは、Tカードとクレジットカードを使ってANAマイルを貯めることができます。

ガソリン給油時に Tカードを挿入し、200円= 1ポイント(0.5マイル)獲得。続けて、ANAカードで決済で、100円=1マイル獲得ここまでで、マイル二重取り。加えて、ANAカードアメックスゴールドなどの、クレジットカードポイントが貯まるようなタイプは別途ポイントが溜まりますので、100円=1ポイント(1マイル)として換算できます。これで、三重取りです。ただし、年会費が約3万円かかるので注意。僕は会社の決済でこれを使ってたので、相応のリターンはありました。あるいは、プライベートでしか利用しないのであれば、通常のAMEXカード(年会費8000円)か、29齢までであれば、JCBのANAカードが無料なのでそれでも良いかもしれません。ただし、海外によく行く方なら絶対にAMEXにすべき。

飲食店

続けて、マイルが二重取り、三重取りできる飲食店を紹介。

スターバックス

スターバックスカードにANAカードでチャージすると、100円=1ANAマイル溜まります。ちなみに、クレジット決済だと200円=1ANAマイルなので、スターバックスカードからの支払いの方がお得。ただし、若干面倒なのが、スターバックスカードを店舗で購入して、ANAカードを紐つける作業が必要。でも、一度やってしまえばあとは楽。これもスマホを使えば、スターバックスのアプリで一元管理ができるし、バーコード決済も可能なので、スタバをよく利用する人ならやっておいていいと思う。

吉野家

吉野家でもマイルが貯まります。会計時にTカードを提示して、 200円=1ポイント(0.5マイル)獲得。WAONで支払いをして、200円=1JALマイル獲得。これで二重取りです。また、WAONにJALカードチャージをすれば、200円=1JALマイル貯まるので、三重取り

それと、【コンビニ編】マイルの二重取り・三重取りで説明しましたが、WAONをアナログ管理してると吉野家ではオートチャージされませんので、ストレスフリーを望まれるかたはおサイフケータイ管理が勧めです。

ガスト

続いて、ガスト。会計時にTカードを提示して、 200円=1ポイント(0.5マイル)獲得。Edyで支払いをして、200円=1ANAマイル獲得。これで二重取りです。また、EdyにJALカードチャージをすれば、200円=1JALマイル貯まるので、三重取り

Edyをアナログ管理すると、限られたカードでしかクレジットチャージできませんが、おサイフケータイで管理すると、クレジットカードを選ばなくなるため、ANAかJALか好きなほうを選択できる。

マクドナルド

最後は、マクドナルド。会計前に楽天ポイントカードを提示して、100円=1ポイント(0.5ANAマイル)獲得。Edyもしくは、WAON支払いで200円=1マイル獲得できます。これで二重取り達成。例のごとくクレジットチャージしてれば、三重取りです。

注意点として、マックでもnanacoカードが使えますが、セブンイレブンとは異なり200円=1ポイント(0.5マイル)みたいですね。なので、WAONかEdyを選択したほうがお得。

今回は以上です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事

関連記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク