”整理”の意味

”人間関係を整理する方法を教えて欲しい”と要望があったので、その整理術を紹介するにあたり、まずは、”人間関係を整理する”とはどういうことなのかを考えてみる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




定義

まずは、”整理”という言葉を辞書で調べる。

乱れた状態にあるものをかたづけて、秩序を整えること。不必要なものを取り除くこと

とある。

定義と考えのすり合わせ

一方で、辞書を引く前の僕の定義は、”何が、どこにあるのかを理解し、これから行おうしてる事の効率をあげ、不快感を排除するための手段”というのが結論であった。

続いて、辞書上の定義と僕の定義を比べてみると、わかったことがある。このままの定義だと、”整理”の一部分しか表せていないということだ。定義の「効率をあげ、不快感を排除する」なる部分はおそらく間違ってない。なぜなら、整理とは、整理する事自体が目的ではなく、”整理”のその先に何かしらのアクションを見据えているからだ。

しかし、定義の前半は言葉が足りないように感じる。なぜなら、僕の定義には、辞書上の定義の”不必要な物を取り除く事”に該当する表現が抜け落ちてるからだ。

故に、何がどこにあるかを理解するために物事の配置を決定することに加え、必要な物と不要な物を区別するという作業を加えれば良いのではないか?

僕にはその2つがどちらも整理をするための具体的な取り組みのように感じる。

すなわち、秩序を生み出すための手段なのではないだろうか?

秩序とは?

となると、気になってくるのが”秩序”という言葉。一般的な意味は次の通り。

1 物事を行う場合の正しい順序・筋道。「秩序を立てて考える」
2 その社会・集団などが、望ましい状態を保つための順序やきまり。

なるほど。恥ずかしながら、秩序って辞書で調べたの初めてかもしれない。

ここでのキーワードは、”規則性・ルール・きまり”などだと思う。

つまり、冒頭で述べた”整理”の定義で述べられている”乱れた状態”とは、”規則性がない状態”をさすわけだ。

まとめると、下記の通り。

・乱れた状態→物事に規則性がない状態

・かたづける、不要な物を取り除く→配置、配列、順序の決定や、不要と必要の基準を決定

・秩序を整える→規則性を持たせた状態

”整理”の意味を捉え直す

最後に、もう一度だけ定義をまとめておく。

整理とは秩序を整えることであり、これから行おうとしてる事柄の効率をあげる為の手段である。秩序とは、物事が規則性に基づいて存在する状態のこと。規則性を生み出すためには、必要な物と不要な物を取捨選択したり、何がどこにあるかや、その並びを決定する方法がある。整理をすることは、無駄な時間を排除し、新たな時間を生み出すことに繋がる。その結果、生活に抱えていた不快感の排除にも繋がる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする