”相手の考えを読む事”と”例外になる事”はよく似ている

人とコミュニケーションをとる上で、「相手の考えを読み取る」という行為は絶対に避けられないと常々思う。考えを読み取るとという事は、相手の目的・欲求・感情を理解する事に繋がるからだ。最近、意図の再定義と、意図と言う言葉の意味の理解を深めるための考察をしてみたが、このエントリーでは、”考えを読み取る”ための具体的な事例について触れている。

その意図は、

人の期待に答えたい時、あるいは、人の思い通りになりたくない時に考えを読み取ることができれば、”自分の行動をコントロールできる”からだ。と、そんなことを考えていたら、”意図を汲み取る”行為が、僕の過去の記憶と結びついたので、記事にしてみた。

そして、その過去の記憶とは”例外になる”という言葉。

”例外になる”とは

例外であれ”というのは、ザ・ゲームという小説の中で、その主人公がよく口にする言葉だ。言い換えれば、”その他大勢になるな”とか、”少数派になれ”とかそんな意味。

例えば、東大出身の人がいたとしたら、その人は、大多数の人間から『すごい』とか、『頭いいね』と言われてるかもしれない。
あるいは、つり目で高身長の女性がいれば、大多数の人間が『こわい』とか、『気が強そう』と言ってるかもしれない。
この時、あなたが例外になろうとするのであれば、決して上記の言葉を相手に投げかけてはいけない。なぜなら、その瞬間にその相手から、”その他大勢”のレッテルを貼られることになるからだ。

”意図を汲み取る”こととの繋がり

それで、”考えを読み取る”ことと、”例外になる”ことのどこが通じてるのかというと、

直感的に浮かんだ情報を感じとる作業が必要という事だ。

事例はいくつかあるが、今回のエントリーでは一つだけ紹介しておきたい。

具体例〜炎上ツイート〜

下の画像は、大竹さんが過去に藤井4段を攻撃したツイート。

このツイートの初見に僕の中に浮かんできたのは”怒り”だった。『一体何を勝手な事を言ってるんだコイツは』と。

コメント欄にも同様の感情を抱いであろう人達のコメントと、リツイートの数。

しかし、芸能界でここまで生き残ってる人が、『自分の発言を聞いた人がどう思うか?』を考えないだろうか。否。承知の上だろう。

つまり、この発言の意図は、『聞き手、読み手の感情をあおること』だったと言える。

感情に流されてはいけない

ここで、一つ注意しなければいけない。それは、感情に流されてはいけないと言う事だ。感情のまま行動してしまうと、相手の意図を認識することができない。それは、感情が先行し、”意図を汲む”習慣を阻害する。つまり、コミュニケーションとる上で、望ましくない行動を繰り返してしまう。

考えを読み取るプロセス

以上は一例に過ぎないが、

考えを読み取る”とは、『ある対象から自然と頭に浮かぶ感情やイメージを認知する』ことだと言える。

考えを読み取る”と聞くと、意識ごと”相手”に引っ張られてしまうが、実は、対象を感じつつも意識は自分にある状態なのだ。

そして、その状態こそが、”例外である”ため入り口でもある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク