洞察力を養うと何がいいの?、って話

久々に”洞察”についてのエントリーです。

過去にもいくつか観察と洞察について記事を書いてきましたが、このブログを読んでる方は思ったはずです。

「洞察、洞察うるさいけど、洞察できたら偉いんですか?誰得何ですか?それともあなたがバカなんですか?」

・・・・・・と。

自分でも思いました。大事な視点が抜け落ちてたなと。

そこで今回は、「洞察力を向上させるメリット」についてを記事にしたというわけです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




洞察を体感する

今回は、結論を述べる前に洞察について「体感」して欲しいと思います。

ですので、

まずは下記の問題を解いてみてください。できれば時間を測ってください。

【問題】次の数字を全て足すと答えはいくつになるか?

1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20

答えは、「210」です。

おそらくは、足し算ができる方なら正解できたはずです。では、この問題にのどこに”洞察”のヒントが隠されているかというと、”答えを導くためにどんなプロセスを辿ったか”という点です。

”法則”を見抜けたかどうか

”答えを導くためにどんなプロセスを辿ったか”

とはどういうことでしょうか?

おそらく、この問題を解くために、多くの人が1から21まで順に足し算をしたのではないでしょうか。

ですが、中には、この数字に法則がある事に気づいた人もいるかと思います。その法則とは、

「左右の数字の端同士の組み合わせが21」という事です

先ほどの数字の左端は”1″右端は”20″です。この2つを足すと合計は”21″です。

続く数字の端同士を計算すると、”2″と”19″を足して”21”になります。

そして、この”21”になる組み合わせが全部で”10″あると気づけば正解にたどり着きます。

『21×10=210』だからです。

つまり、この”法則”を見抜くことが”洞察”にあたります。

洞察力がある人とそうでない人の違い

しかし、この問題に関してのみ言えば、どちらのプロセスを辿ったとしても、正解に辿り着くことができました。

それじゃあ、洞察力があろうとなかろうと変らないではないか。

というと、そうではありません。

ここでのメッセージは、

『洞察力がある人間は、時間を手にすることができる』

ということです。

この問題をそれぞれの方法で解いた場合、洞察をした場合の方が明らかに早いとわかるはずです。

洞察力は鍛えることができる

とはいえ、”法則”に気づくまでの時間を考えると時間に差はないかもしれません。

ですが、この”洞察=時間獲得”ということを意識し、それを磨き続けた人の間には大きな差が生まれます。

そして、この法則に気づくためには、問題を『観察したかどうか』です。

問題を見てすぐに計算に入るのは愚策です。だから、洞察するためには”観察”が必要なんですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする