行動から”感情”を読み取る 

”洞察”とは何か?を考えるエントリー。下記記事からの続きです。

↓↓『で、相手の何を観察すればいいの?って話』

”性格は行動に現れる、だから相手の行動を観察する”。性格を見るためには、人の”行動”を注意深く観察していく。これを日常に溶け込ませる。それができたなら、人の本質に少しは迫ることができるのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




これまでのハイライト

今回の記事は、”感情”にスポットを当ててるわけですが、もともとは

”洞察力”を身につけるにはどうすればいいのか?という問いから始まった。そして、洞察力とは、物事や人の”本質”を見抜く事であった。それでは”人の本質”とは何だろうか?本質とは、それなしにはその物が存在し得ない性質・要素”つまり、これを人に置き換えると、性格や要素という事になる。そして、性格は行動に現れるため、その行動を具体的にどう観察すればいいのか?というのがこれまでの流れ。

性格の構成要素の半分は感情

具体的にどう観察すればいいのか?という意識を持って日常を過ごしてみたものの、実のある気づきが中々ない。それは、あまりにも”性格”という言葉の定義がぼんやりしてたからだ。人の注意は、目標物がなければ散漫になる。そして、その目標物が今回のテーマである”感情”だ。なぜなら、性格の構成要素には感情がある。定義を見ると、

性格とは、行動のしかたに現れる、その人に固有の感情・意志の傾向。

(デジタル大辞泉より)

とあったので、まずは、”感情”に目をつけてたのが今回のエントリーの趣旨。

感情とは

では、”感情”とは一体なんなのだろうか?今回は感情について理解を深めるため、下記のURLを参考にさせて貰った。

http://www004.upp.so-net.ne.jp/kaysaka/draft/1e-qa.htm

内容を要約すると、

感情とは、”状況と行動の組み合わせ”である。人間は感情に基づいて行動する生き物であり、行動の裏には判断があり、その裏には目的があり、更にその裏に感情がある。つまり、人の小行動の原動力が感情ということになる基本感情には、”興味、嫌悪、驚き、怒り、恐怖、愛、希望”計7つの系統がありそこから更に細分化された派生感情についても述べられている。具体的に、各感情ごとの”発生状況”とその”行動”の例をあげて説明している。

つまり、

感情を理解するということは、その感情に紐付いている”行動”を理解することでもある。ということは、逆算的に、行動から感情を読み解くことができるということだ。これ今回の記事で最も重要なメッセージだと言える。なぜなら、その能力こそが洞察だからだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする